IT留学とは

IT留学は今後、最も必要とされると言われているプログラミングスキルを海外に3ヶ月間滞在して習得を目指します。世界のテクノロジーは急速に変化し、日本はそのスピードから取り残されています。その中でも現在、ITの最先端にいるのはアメリカとインドです。アメリカには革新的技術を生み出し続けるシリコンバレーがあり、そこで働くITエンジニアの半分はインド人と言われています。そしてインドにはアメリカで活躍していた優秀なITエンジニアが続々と帰ってきており、IT市場におけるインドの存在感はますます増してきています。

インドでのIT留学はフィリピンと比べるとリゾート留学ではありませんが、一方で世界屈指と言われるIT大国での生活は他にはない経験や知見を得られるでしょう。インドでのIT留学は一生モノのスキルが身につき、世界の最先端では何が起こっているのか、今後ITがどのように変化していくのか深く考える機会になるのではないでしょうか。

IT留学の特徴

  • 開発豊富なインド人講師

    開発経験豊富なインド人講師

    インドIT留学のMISAOの講師陣は全員インド人になります。日本では開発経験がある講師を見つけるのは難しく、また費用も高額です。インドIT留学では実務経験豊富なエンジニア講師のレッスンを安い費用で受けられることができます。IT大国インドで力を付けてきた講師からの的確なフィードバックやアドバイスをすぐにもらえるので、未経験者がつまづきやすい点もすぐに解決して学習を進めることが出来ます。

  • 英語×ITで一流エンジニアへ

    少人数レッスン形式

    プログラミング学習は細かい問題や些細な事でつまづいてしまうことがよくあります。そのため、インドIT留学のMISAOでは少人数レッスンを採用しています。生徒一人ひとりの課題をすぐに解決できるため、密度の濃いレッスンを受けれることが可能です。特に未経験者にとってはメンターの存在がとても大切です。実務経験豊富なエンジニア講師が隣につくことで安心して学習を進めることができます。

  • 英語×ITで一流エンジニアへ

    英語×ITで一流エンジニアへ

    インドIT留学のMISAOでは授業を全て英語で行います。インドは英語が公用語のひとつであり、インド人講師も英語を話すことができます。そのため授業中のコミュニケーションはすべて英語になり、ITスキルだけでなく語学力も同時に伸ばすことが可能です。受講に必要な英語力の基準はTOEIC700点以上としています。英語力に不安がある場合はMISAOの語学留学を1ヶ月行なってからIT留学に移行する生徒もいます。

IT留学のコース

  • 基礎プログラミングコース

    基礎プログラミングコースはhtml/css,Javascriptといった基礎的なスキルやWordpressを使ったサイト制作,Java特化コースなどご希望に合わせて組み合わせられます。短期間でプログラミングの全体像を理解するコースになりますので、1ヶ月間のカリキュラムについてはスタッフにご相談ください。

    ※PCは持参となります。Mac, windowsどちらでも対応可能です。

    コース内容
    1ヶ月目 html/css, WordPress
    2ヶ月目 デモサイト開発
    3ヶ月目 独自サービス開発

  • サービス開発コース

    Webサービス開発コースではPHPをベースにしたWebサービスを開発することができます。1ヶ月間でhtml/css, PHP, J-Query, SQLを学習し、2ヶ月目からは実際にサイトを構築していきます。これからプログラミングを始めたい方やECサイトなどのWebサービスを開発したい方が対象のコースになります。

    ※PCは持参となります。Mac, windowsどちらでも対応可能です。

    コース内容
    1ヶ月目 html/css, J-Query, PHP, SQL
    2ヶ月目 デモサイト開発
    3ヶ月目 独自サービス開発

  • アンドロイドアプリ開発コース

    Android開発コースでは世界最大のシェアを誇るAndroid OS向けのアプリを開発スキルを習得します。基本言語であるJavaを学びAndroid studio上で組み立てていきます。Androidのニーズは今後も高まり、アプリだけでなくIoTなどに組み込まれていくことも考えられている最も将来性のあるスキルと言えるでしょう。

    ※アンドロイド端末が必要です。インド現地で安価で購入できます。

    コース内容
    1ヶ月目 Java, Android studio
    2ヶ月目 デモアプリ開発
    3ヶ月目 独自アプリ開発

無料課外セミナー

スキルアップセミナーはIT留学コースとは別の毎週各1回ずつ授業後に開催しています。ビジネススキルと基礎ITスキルを学ぶ特別講義を無料で受けることができます。実践ですぐに使える知識やスキルを学べるため、IT留学プログラムと併せて受講することでプログラミングスキルとの相乗効果が期待できます。他のITスクールでは絶対に教えてくれないスキルを共有する無料セミナーとなってります。

ビジネススキル向上セミナー

ビジネススキルアップセミナー

No. カテゴリー セミナー内容
1 PCスキル ショートカットキー,タイピング
2 PCスキル Gmail,Googleスプレッドシート
3 マインドセット 目標/成長/モチベーション管理
4 マインドセット リーダーシップとコミュニケーション
5 社会理解 企業と働き方
6 社会理解 就職活動とインターン
7 思考力 ロジカルシンキング基礎
8 思考力 ロジカルシンキング応用
9 思考力 ディスカッション基礎
10 思考力 ディスカッション応用
11 思考力 リテラルシンキング基礎
12 思考力 リテラルシンキング応用
※任意参加のため参加者が少ない場合は内容、日程を変更します。
※英語留学、IT留学、インターンシップの全生徒が対象です。
※スキルアップセミナーは日本人講師になります。

総合IT知識セミナー

IT知識セミナー

No. カテゴリー 授業内容
1 IT知識 ITの職業、スキル
2 IT知識 サーバー、ドメイン
3 ツール ターミナル
4 ツール Github,Heroku
5 Web構築 WordPress
6 Web構築 Webデザイン
7 コンテンツ 画像処理
8 コンテンツ ライティング
9 Webマーケティング 分析(Google Analytics)
10 Webマーケティング 集客概要
11 Webマーケティング SEO
12 Webマーケティング Adwords,Adsense
※任意参加のため生徒、参加者が少ない場合は内容、スケジュールを変更します。
※IT留学コースの生徒だけでなく英語の生徒も受講することができます。
※IT総合知識セミナーは日本人講師になります。

1日のスケジュール

9:00 Lesson 授業開始
12:00 Lunch 昼食
13:00 Self development 自主開発
16:00 Group study グループ学習
17:00 Self study 自習
19:00 Dinner 夕食
20:00 Seminar 課外セミナー
22:00 自習 Self study
  • セミナー開催日を元にした一例です。
  • 食事は3食各自でご用意になります。
  • 授業は月-金になります。
  • スクールタイムは9:00-17:00です。
  • 授業時間は前後することがあります。

IT留学中の生活

  • 食事

    食事

    IT留学中に滞在する寮にはキッチンが併設されており、大半の学生が自炊しています。また、徒歩1分の所にある大きなマーケットの中にはSUBWAYといったファストフード店やカフェ、レストランが数多くあります。朝食はパンやシリアルで済ます、昼食はマーケット内で買ってきて学校で食べる、夕食はスーパーマーケットで食材を買い自炊するといったスタイルが一般的です。

  • 宿泊

    ホテル

    コース期間中はシェアハウス、ゲストハウスのいずれかに滞在することになります。シェアハウスにはwifiや自習室が完備されており、学習に集中できる設備が揃っています。また、温水シャワーや洗濯機、ウォーターサーバーがあるので、日本人に住みやすい環境が整っています。シェアハウスにはシングルルームと3人部屋のシェアルームがあり、ご希望に沿って選ぶことができます。

  • 休日の過ごし方

    ラフティング

    教室や自習室は休日も9時から24時まで開放されています。授業の内容を復習する学生やスキルアップに時間を費やす生徒が利用しています。また、グルガオンでは週末にミートアップが盛んに行われています。これはインドのエンジニアや起業家といった優秀な人材と交流できるチャンスになります。IT大国インドのビジネス事情に興味がある方は参加しています。

IT留学の費用

費用の内容

含まれているもの

  • 空港送迎費
  • コース前泊費(3日間まで)
  • 日本人スタッフサポート
  • 高速インターネット

含まれていないもの

  • 渡航費(日本-デリー):8万円-10万円
  • 海外保険:1万円-2万円
  • ビザ取得費用:約3000円
  • 生活費(食費,日用品,観光):2-3万円/月

費用詳細

費用 4週間 8週間 12週間
入学金 ¥5,000 ¥5,000 ¥5,000
授業料 ¥140,000 ¥260,000 ¥360,000
宿泊費 ¥32,000 ¥64,000 ¥96,000
合計 ¥177,000 ¥329,000 ¥461,000

※別途インドの消費税が適用され18.00%になります。

IT留学コース日程

開講日

8月 8/7,8/24
10月 10/2
11月 11/6
12月 12/4
1月 1/8
2月 2/5
3月 3/5
4月 4/9

日程について

  • 開講日は原則毎月第一月曜日です。
  • コース日程は変更になる可能性があります。
  • 5-6月は夏のシーズンになります。
  • 12-2月は冬になり、防寒具が必要です。
  • お申込みが定員に達し次第、締切となります。

卒業生の声

インドからフリーエンジニアへ

私は将来海外でエンジニアとして働くために25歳で会社を辞め6ヶ月のIT留学を決意しました。IT留学までコーディングの知識はゼロに等しく、一からのスタートだったので自分のペースで進められる少人数形式レッスンを行うスクールを探していました。大学生の時にプログラミングを勉強したことがあったのですが、独学だったこともありエラー1つで数時間取られてしまうことも多々あり挫折してしまったんです。それもあって今回はしっかりと近くにメンターが付いてくれるスクール、それでいて英語で学べるインドのIT留学を選びました。私が選んだコースはアンドロイドアプリ開発コースです。世界的に見るとアンドロイド端末の方が圧倒的にシェアが大きいこと、アンドロイドアプリが持つポテンシャルの大きさがこのコースを選んだ理由です。

IT留学のレッスンはインド人講師1人に生徒が2人という形だったため、わからないことがあればすぐに隣にいる講師に聞いてスピード感を持って学習を進められました。IT留学に来ている生徒はほとんどが自分より年下の大学生で彼らの吸収力の早さや学習意欲の高さには本当に刺激を受けました。彼らに負けまいと平日、休日関係なく15時間くらいはコードを書いていたと思います。インドはセブ島のようなリゾート留学ではありませんが、その分学習に集中できる環境があります。私はこの6ヶ月間でフリーランスエンジニアとしての第一歩を踏み出せました。本気で人生を変えたい方は是非飛び込んでみてはいかがでしょうか。(澤田さん/25歳男性)

刺激たっぷりのIT留学

「インドはこの先10年で世界の中心になる。」私は現在大学4年生で、来年は外資系のITコンサルティング会社に就職が内定しています。今後IT分野は避けて通れないですし自分で何かサービスを作りたいと思っていたので、大学生の時間がある時にIT留学を決めました。また、最近読んでいた本のほとんどで「インドはこの先10年で世界の中心になる」と書かれていたのが印象的で、自分の目で確かめたいというのがあったのです。実際に内定先企業でもエンジニアとして働く方の半数以上がインド人ということだったので、入社前にインドの方と交流しておくのはこれから彼らと一緒に働く上でも非常に大切だと思いました。インドでのIT留学ではWEBサービス開発コースを選択しました。アウトプット中心のカリキュラムで3ヶ月でECサイト2つとSNSを1つ開発しました。

最初の2ヶ月はPHPやフレームワークの使い方を勉強しました。3ヶ月目はそれらを使い、自分の作りたかったSNSサービスを開発しました。IT留学が行われるグルガオンと言う都市は日本でこそ知名度が低いですが、想像をはるかに超えた経済都市でスタートアップも盛り上がっていました。そのためインド人エンジニアやアントレプレナーが集まるミートアップが盛んに行われており、週末はほとんどそこに参加しました。IT留学は自分の人生観を変えるほど大きな機会になりました。それは国の成長スピード、ITの活用方法、変化の大きさなど、他の国では感じることのできないものでした。この時期に来てよかった、そう思えるIT留学になりました。(高橋さん/22歳男性)

フォトギャラリー

  • 課外セミナー
  • ITミーティング
  • 日印交流パーティー
  • IT授業風景2
  • ITレッスン
  • it自習風景

よくあるご質問

Q.授業の英語レベルはどれぐらい必要でしょうか?

A.英語レベルはTOEIC700〜800程度が望ましいです。お申込み時にTOEIC等のスコア提示は必要ありませんが、留学をより濃密なものにするため目安を設けております。英語力に不安のある方は事前の面談でご相談下さい。

Q.卒業生の進路を教えてください。

A.エンジニアとしてフリーランスになる方、帰国後IT企業でインターンする方、インドIT企業で働く方、起業する方などスキルや経験に応じて様々です。

Q.何歳くらいの方が留学していますか?

A.10代から40代まで幅広い年齢の方が受講されています。中でも20代の方が多く、大学を休学して長期間留学する方やキャリアアップを目指す社会人の方が多くなっています。

Q.初心者でも大丈夫ですか?

A.初心者でも問題ありません。9割の方が未経験から受講されます。新たなスキルを身に付けたい、プログラミングを学びたいという方が真剣に留学しています。

Q.インドの治安は大丈夫ですか?

A.ITスクールはグルガオンという首都のデリーから1時間程度離れた都市にあります。インドにいる日本人全体の7割以上の方が住んでいる都市であり、日系企業はじめ外資系企業の多くが拠点を置いています。そのため、治安はかなり安定しており外国人に住みやすい環境になっています。当スクールの卒業生は300名以上いますが、学校周辺で危険な目にあった生徒はいません。

Q.インドでお腹は壊しますか?

A.アシュラムでの食事はお腹に優しい物ばかりです。日本にいる時よりもお腹の調子が良くなったよいう方も少なくありません。お金を相当節約して生活するバックパッカーなどの方が屋台で買ったご飯などを食べてお腹を壊すケースが多いようです。

Q.Wi-Fi環境はありますか?

A.学校や寮では自由にインターネットが使えるようにWi-Fi環境を完備しています。高速インターネットを利用しているため、快適にインターネットを使用することができます。

Q.インド留学に行く前に準備するものはありますか?

A.インドへの入国には、インドビザが必要となります。その他、インドヨガ留学にあたり予防注射や保険、持ち物といった事前に準備した方が良いものがいくつかあります。学校や寮周辺には大きなマーケットがあるので生活に必要なものは大体揃います。

IT留学までの流れ

Step1 お問合わせ メール,LINE
Step2 面談 質疑応答
お見積書提示
Step3 お申込み お申込書提出
Step4 出発準備 航空券,ビザ
Step5 デリー到着 スタッフ合流
  • 面談はLINEまたはSkypeで行います。
  • お申込後、留学準備資料を送付します。
  • ピックアップは日本人スタッフが行います。
  • 空港の合流場所は別途共有します。

お問い合わせ

LINEでのお問い合わせ

下記ボタンより友達申請を行いご連絡ください。

Friends Added

メールでのお問い合わせ

留学相談資料請求

お名前 (必須)

高校生大学生社会人

メールアドレス (必須)
※携帯キャリアではなくGmail等のPCアドレスをご記入ください。

運営会社

MISAOについて

ミサオ

  • インド留学の相談から全て日本語サポート
  • インド初の日本人経営の語学学校を運営
  • 2011年創設以来100名以上の生徒
  • 提携校は全てMISAOスタッフが体験済み

企業概要

日本法人

会社名 MISAO株式会社
代表者 斎藤康太
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-10-12新太宗ビル5階

インド法人

会社名 MISAO India Private limited
代表者 Tarachand Choudhary,Kota Saito
所在地 1402,DLF Phase4,Sector28,Gurgaon,India

資料請求/留学相談はこちら!