こんにちわ!IT留学ポータルの河村健司です!
今回の記事は就活を終えた人たちに向けて書いていきたいと思います。ですがもちろん就活を迎えていない大学生や社会人の方にもしてほしいことなので時間があれば是非お読みになってください!

この時期になると就活を終えた大学生も多いのではないでしょうか。企業によっては面接など遅いところもありますが、もうすぐみなさん就活を終えると思います。第一希望の企業に行けた人も行けなっかた人ももちろんいると思いますが、どこの企業にいこうと、これから社会人になるにあたって残りの大学生活はとても貴重な時間になります。くれぐれもバイト三昧や、社会人になったら遊べなくなるからと言って遊びすぎないように注意してください。今まで大学生活をあまり充実できなかった人でも、卒業までの数ヶ月で大きく変われることができます。

生涯影響を与えるスキルを身につける

先ほども述べたように就活を終えた方は友達と遊んだり、これからの生活のためにバイトをたくさんしたりする方が多くいます。友達と遊ぶのももちろん必要ですが、就活が終わったからといってたくさん遊ぶ理由も特になく、遊びすぎると結局バイトもたくさんしなくては行けないので、時間もなくなり、結果的に遊ぶ時間も無くなってしまいます。極論でいうと、遊びやバイトをいくらしてもその影響はせいぜい半年か1年ぐらいしかありません。しかしもしあなたが今なにか新しい知識をつけることができたなら、それは生涯あなたに影響を与え続けるでしょう。

では具体的にはどのような知識やスキルをつけたほうがいいのか。その答えはITです。今の社会ではITでほとんどの製品やサービスが成り立っていますが、実際そのような場所で活躍できる人材がいるかというと、現状かなり不足しています。もちろん数ヶ月でそのような人材になることは難しいですが、これからの社会ではどんな業種でもITの知識が必須になります。

プログラミングかIT留学

おそらく初心者がITの何を勉強するのかとなった時に出てくるのは、プログラミングでしょう。プログラミングは初心者でも気軽に始めやすく、個人差はありますが数ヶ月勉強すれば簡単なウェブサイトやアプリケーションなどは作れるようになります。今では多くの方がプログラミングの学習をしており、プログラミングを学習する環境はインターネットなどでもとても充実しています。

そこで注目したいのが今話題のIT留学です。こちらは英語とプログラミングを同時に留学しながら学習できるカリキュラムになっています。英語留学は一般的ですが、今必要とされているのはグローバルだけでなく、ITスキルも持ち合わせた人材です。ITスキルがあって初めてグローバルで活躍することができます。逆にいうと英語だけを話せても活躍できる場は少ないということです。そもそもビジネスは言語が大前提で行われますので、プラスアルファで他のスキルが必須です。

その点IT留学は主に東南アジアの地域で活発で値段もアジアということもあり比較的安いです。留学費用だけでなくアジアの国々ですと日本よりも生活水準が低く、生活費などもかなり安く済むので、英語もプログラミングも両方学びたい方はぜひインドやフィリピンなどを調べてみてはいかがでしょうか。