初めまして、インド・バンガロールにてインターン中の高田と申します。

インドIT留学の学校のある現地バンガロールから、情報を発信していきたいと思います。

 

第一弾は、【バンガロールの人】について紹介いたします。

 

①北と南で違う?インド人とは

 

《インド人》と聞いて皆さんはどのような印象をお持ちでしょうか?

私が中国やタイへ行ったときには全く感じなかったのですが、初めてインドへ到着したとき、見渡す限りのインド人に恐怖を覚えた記憶があります。なぜなら、《インド人=嘘つき》というステレオタイプが私の脳に刷り込まれていたから。

 

《インド人=嘘つき》という公式はあながち間違ってはいません。地球の〇き方にも、Googleで『インド人 特徴』と検索しても、そのようなことが記載されています。しかし、それはTPO(時、場所、場合)によって大きく変化します。特にP(場所)による影響は大きく、日本の9倍近い国土を持つインドでは特に顕著に表れます。そして、旅行本やネットの情報というのは北インドがほとんどです。タージマハルやガンジス川といった有名な観光地は北インドですし、日本人長期滞在者の数も北インドは南インドの約3倍です。

もちろん北インド人が皆嘘つきかというと語弊が生まれますが、日本にいる限り、そういった北インドの情報が入ってくるのも無理はないでしょう。

 

では、南インド人はどうでしょうか?

南インド人を一言で表すと、《人懐っこい》という言葉がぴったりです。陽気に話しかけてくる感じではありませんが、仲良くなるととても人懐っこく、こちらの意向も受け取ってくれようとしてくれます。私がこちらで生活している中では、騙された経験はほとんどありません。強いて言うなら、オートリキシャというバイクタクシーでぼったくられたことくらいでしょうか。ぼったくられたと言っても、通常の値段+100円程です(笑)

 

そして、バンガロールは観光地ではなくビジネス街なので、外国人であっても騙す対象ではないというのがこちらの認識です。

最初は分かり合えないこともあるかもしれません。ですが、長く滞在するほど人間関係ではストレスなく生活できます。

 

 

②バンガロール人の言語とは

お札に書かれた様々な言語
お札に書かれた様々な言語

インドの公用語はヒンディー語と定められていますが、実際には20以上の言語が存在しています。インド人同士であってもヒンディー語を使うわけではなく、バンガロールの現地語であるカンナダ語を使って会話する人も多いです。

ここで注目していただきたいのが、バンガロールの人口増加率です。

2011年のインド国勢調査によると、バンガロールの10年間の人口増加率は46%で、多くの人が他の地域から流入しています。つまり、ヒンディー、カンナダだけでは彼らは会話ができないということになります。ここで会話に使われるのが、【英語】になるわけです。

私が住んでいる寮では、英語でインド人の友人と会話をしますし、インド人同士でも英語を使っています。

これは筆者リサーチですが、バンガロールで道行くインド人10人に声を掛けると、7~8人は英語で対応してくれます。英語留学が流行していたフィリピンの英語話者が全人口の約90%なので、それに匹敵する割合ですね。街にあるお店の看板もほぼ英語表記です。ここまで英語環境が整っているとは私も正直思っていなかったので、驚きでした。

難点を言うなら、インド訛りの強い英語といったところでしょうか。

対面での会話においてはインド訛りはほとんど問題ないのですが、電話での会話に最初は困惑するかもしれません。もちろん、IT学校や英語学校の先生は訛りの無いきれいな英語を話していますのでご安心を。

 

③「あなたの神様は?」

インド 画像

こちらに来て間もない頃、インド人の友人からこのようなことを聞かれたことがあります。

「お前の神様の名前は何て言うんだ?」皆さんなら何と答えますか?

私の回答は、“We have Eight million gods”でした。

そう、八百万の神です。これにはインド人もポカーン(笑)。日本人からすると、神への信仰という概念はなじみのないことですね。しかし、海外ではこのような考え方が一般的です。無信仰と答えるとかなりびっくりされると思います。5歳くらいの子供から、画をを指差しながら、“この神様のの名前はビシュヌで、こっちはシヴァだよ”と言われたこともあります。

国勢調査によると、国民の約80%がヒンドゥー教徒で、その他イスラーム教徒、キリスト教徒が存在しています。ヒンドゥー教では食に対する意識が強く、菜食主義者(ベジタリアン)の割合も少なくありません。お酒も好ましくないと考えられています。そのため、レストランではベジタリアンとノンベジタリアン用のメニューがはっきりと分けられており、アルコールの販売にも制限があります。

このような信仰の違いを知っているだけでも、インドに慣れる日は早いのではないでしょうか?

間違えても“Eight million gods”なんて答えないようにしてください(笑)。

 

 

【バンガロールの人】について理解していただけたでしょうか?

次回は【バンガロールの経済】についてお伝えします。