こんにちわ!初心者からプログラマーを目指しているライターの河村健司です!

前回はPHPを勉強する上でおそらく一番初めに勉強するechoについて書いていきました。今回は、PHPでこんなこともできるのかとおもったことについて書かせていただきたいと思います。

echo strrev

みなさんecho strrevはみたことがあるでしょうか?これはechoと一緒に使い、strrevの()で囲んだところになんでもいいので文字を書いてみてください。ちなみに文字を書くときは必ず””を使い、その中に書いていきましょう。ではひとつ例を書いてみましょう。

こちらのアウトプットはgolb olleHです。スペルも単語の順序も逆になります!こんな機能をなにで使うかと思いますが覚えておきましょう。

echo str_word_count

こちらもstrrev同様にひとつ例をあげてみましょう。

echo str_word_count(“Hello blog”);

こちらのアウトプットは2です。こちらは単語の数を知ることができます。

strlen(“Hello blog!”);

こちらは単語の数ではなくて文字数をアウトプットしてくれます。ではこちらも実際に確認してみましょう。

<?php
echo strlen("Hello world!"); // outputs 12
?>

先ほども述べたようにこちらは文字数をアウトプットしてくれるので、11になります。ここで文字数を確認してみると10個しかありません。実はこの文字数の中にはスペースも含まれていて、ここではHelloとblogの間のスペースになりますので気をつけて下さい。

このように色々なコードが他にもありますが、勉強しているとこれらのリファレンスやHTML、CSSなども確認したい時が多くあると思います。そんなときはw3schools.comでプログラミングの他の言語も確認し例も見ることができますのでとても便利です。