最近テレビでも取り上げられているビットコインですが、正直どういうものなのか想像つきませんよね。ビットコインとは一言で説明すると、世界共通で使える目に見えない通貨です。日本ではビットコインについてあまり認知されていませんが、海外ではビットコインが使える場所がどんどん増えてきています。海外では個人間の銀行振込の代わりにビットコインによる取引で済ませたり、ちょっとした買い物の会計もビットコインと使う人が増えてきています。今後絶対に日本で流行るであろうビットコインのメリット、デメリットについて今回は紹介します。

ビットコインとは

ビットコインは、2008年にSatoshi Nakamoto(ユーザーネーム)ネット上にビットコインの論文をネットで公開し、そのわずか3ヶ月後に実用化されました。ビットコインとは仮想通貨のようなもので、現実で使える目に見えない通貨のことです。目に見えない通貨というと電子マネーなどがありますが、似て非なるものです。ビットコインは円やドル、ポンドのような通貨と同じで、単位はBTCが用いられています。

仮想通貨を知らない人向けにイメージしやすいものが、オンランゲームなどで使われるゲーム内通貨です。ドラクエではゴールド、FFではギルという目に見えない通貨によって装備を買ったりすることができますよね。これが仮想通貨です。仮想通貨は限られたゲーム、サイト内でしか使えないのに対して、ビットコインは全世界共通で使える通貨です。

そんなビットコインですが、実は代表して管理している人はいません。ビットコインには発行を司る組織、日本で言うところの中央銀行のようなものが存在しないのです。しかし誰も管理していないのかと言われるとそうでもありません。一言で言うと、ビットコインは利用者全員で管理しているということになります。特別な管理者が不在ですが、取引を通じて利用者がネットワークでみんなと繋がり、サービスを維持しています。この性質から、ビットコインでは全ての取引がネット上に公開されています。

つまりどのビットコインアドレスからどのビットコインアドレスにいくら送金されたか、誰でも確認ができるというシステムになっています。この代表的な管理者がいないというシステムがビットコインの最大の特徴であり、ビットコインを利用するメリットにもつながってきます。

ビットコイン

ビットコインのメリット

インフレがおきない

ビットコインの発行総量は事前に決められています。そのため、一瞬にして発行量が増えてインフレが起きるなどの心配はありません。ビットコインの発行総量は、2040年までに2100万BITとされており、それ以降、新規に発行されることがありません。

投資して稼げる可能性が高い

世界中でビットコインが使えるお店がどんどん増えてきています。つまり需要が増えてきているということです。需要が増えても発行総量が増えるわけではないので、当然ビットコインの価値は上がります。またビットコインは価格変動が大きく、1日に20%程度前後することもあります。この価格変動を利用して投資をすることも可能です。

海外送金で使いやすい

ビットコインは世界共通の通貨なので、為替レートなどを気にすること無く取引することが出来ます。また、ビットコインは送金手数料が無料か格安です。銀行で海外振込をする場合、手数料だけで3000円程とかかかってしまうこともありますが、ビットコインは代表的な管理者がいないため、送金手数料は無料か格安となっており、取引がし易いです。

また、ビットコインの取引は海外間で合ってもほとんどタイムラグがありません。銀行送金の場合、振込が反映されるまでに3~5日かかることが多いですが、ビットコインの送金は海外送金であっても10分ほどで受け取り側に反映されるためスムーズに取引をすることが出来ます。

導入するお店の初期コストが0

電子マネーとは異なり、特別な機器が必要なわけではなくビットコインの受け渡し、インターネット上の個人間の受け渡しで済むため、お店としても導入するときの初期コストがかかりません。導入コストがかからないことが、世界中のお店でビットコイン決済が普及し始めている理由です。

ビジネス

ビットコインのデメリット

全てが自己責任

メリットの裏返しにもなりますが、ビットコインは利用者全員でシステムを維持しているため、国や政府が関与していません。そのため正式な通貨としては扱わておらず、ビットコインを持っていて価値が暴落しても、違う人に送金してしまった場合も、誰も保証してくれません。全ては自己責任ということになります。

価格変動が大きい

価格変動が大きいというのも、メリットであると同時にデメリットにもなり得ます。日本の芸能人の方でもビットコインの投資で失敗した人がたくさんいます。価格変動が大きいために、タイミングを間違えて大きな失敗をしてしまう人がいるというのは、すべての投資に共通する話です。

日本で導入されているお店が少ない

2017年6月現在、日本でビットコインを使えるお店はほとんど存在しません。そのためビットコインを持っていても、海外送金や海外で生活する際に使うかなど、日本の日常生活ではビットコインを使える場はまだまだ少ないです。

銀行のお金

今後のビットコインの行方

今までは「よくわからない通貨」として日本の投資家も手を出しにくいとされてきたビットコインですが、最近やっと日本でもビットコインが理解され、広まってきました。欧米の場合はビットコインが支払いの手段として使われることはごく当たり前のことなのですが、日本でも試験的ではありますが、ごく一部の店舗でビットコインの決済がやっと導入され始めました。今後、ビットコインが日本中で普及し、ビットコインと円との両替が盛んに行われるようになれば、さらにビットコインを使う人も増え、ビットコインの価値があがることになります。当面はビットコインの価値は上がり続けると言われているので、投資に興味のある方は是非詳しく調べてみてはいかがでしょうか。