こんにちわ! ライターの河村 健司です!

前回はPHPを勉強するにあたってローカルサーバーが必要というお話しをしました。ローカルサーバーとは実際にPHPスクリプトをテキストエディタで組み、それが正しく動作しているかを自分のPC内で確認するためのものです。みなさんサーバーの構築またはMAMPやXAMPPのソフトウェアのインストールなどは無事完了したでしょうか?サーバー環境が万全ならばさっそくコードを書いていきたいのですが、その前にみなさんPHPのことをしっかり理解しているでしょうか?

PHPを理解しよう!

みなさんHTMLやCSSはすでに勉強しましたでしょうか?HTMLは文章を構造的に作るためのものであり、CSSはその構造化された文章のレイアウトをするためのものです。その2つによりみなさんがよく目にするおしゃれなサイトなどが作られています。

しかしこれら2つによって作られるのは静的なwebサイトです。静的なwebサイトとは作ったものが単に表示されるだけで、あらかじめ何かを支持することはできません。しかしここでPHPをHTMLに組み込むことにより動的なwebサイトを作ることが可能になります。つまりクライアントサイドの要求に対してサーバーサイドのPHPが応答して動的なことその都度可能にします。

サーバーサイドとクライアントサイド

ところでサーバーサイドとクライアントサイドというワードがでてきましたがどのような意味でしょうか?一見難しいそうな言葉に聞こえますが、いたってシンプルです。サーバーサイドとはテキストエディタで書いたHTMLやCSSのファイルが保存されているサーバーのことをいい、クライアントサイドはサイトを実際に使っているユーザーの操作画面、つまりブラウザを意味します。

クライアントサイドで行われた色々な動作がすべてサーバーサイドに送られ、その要求に対して応答をします。そのすべてはHTMLに組み込まれたPHPによって成り立っています。

例えばあなたがwebサイトを見ていると、クリックできる場所がたくさんあります。そして設定画面を開きたいと思い、その設定ボタンを押すことによりサーバーサイドが反応し、設定画面を開いてくれるのです。このようにPHPによって実に様々なことが実装可能になります。

次回は実際にコードについてお話ししていきましょう。