こんにちわ!IT留学ポータルの河村です!
この記事を見ている人はおそらく現在就職活動をしている人か、これから就職活動を控えている人たちでしょう。つい最近まで就職氷河期とも言われていましたが、就活生にとってはいつの時代も難しいものであると思います。

そこで今回の記事では就活生やこれから就活を控えている学生の方々に少しでも助けになれればと思いこの記事を書いています。

今までの資格は当たり前になる

就活生が就活をする際には多くの企業を調べると思います。そこでエントリーシートの内容をその企業に合わせて考えたり、その企業の情報に合わせて面接などの準備をするかと思います。そこでチェックされたりするのが学歴であったり、面接中の質問に対しての答えだったりします。そこでいかに自分をその企業に見合った人間だということをアピールできるかが勝負になってきます。

そこで多くの学生が就活が始まる前に留学に行き、英語を身につけTOEICやTOEFLでいいスコアをとることによって他の学生と差別化をはかろうとしたりします。そしてまた他の学生は何か別の資格をとったり、またはエントリーシートと面接だけの準備をする学生もいます。

しかしそれらの資格であったり、英語が話せることであったりは他にも多くの学生が身につけており、特に英語に関して言えば英語を話せることが基本となっていうる企業も少なくありません。ではどのように他の学生に差をつけることができるのでしょうか。

1つの確実で圧倒的なスキル

多くの学生が他の学生と差をつけようとしながらも、実際にはそれほど変わらないというのが現状です。では一体どのようなスキルが他の学生との大きな差を生むことができるのでしょうか。

答えは簡単に見つけることができます。それは今の社会が求めている人材をしっかりと理解することです。おそらくほとんど全員が求めれている人材像についてはすでに知っていると思います。それはつまりグローバルで働けるのは当たり前で、かつITに強い人材です。ここでいうITに強いとはプログラミング言語を理解しているかいないかです。

先ほども述べたように多くの人がこの求められた人材についてすでに知っていたのではないでしょうか。多くの学生はこのことを知っているにもかかわらずなぜかプログラミングを学ぼうとする学生は少ないです。英語を学びITを学ばないなら、ITを学び英語を学ばないほうが全然価値はあります。英語は生活に活かせる言語であり、プログラミングは仕事に活かせる言語なのです。

もしあなたが圧倒的な差をつけたいのならば今すぐITの勉強を始めることをお勧めいたします。