こんんちわ!ライターの河村 健司です・
前回はクライアントサイドとサーバサイドの違いについてお話ししました。これらはPHPを始める前の基本事項でした。
今回からは実際にPHPのコードの勉強に入っていきましょう。

ブラウザに表示させてみよう

みなさんブラウザを開いているでしょうか。はじめてのPHPコードを書いていこういうことで少しどきどきします。HTMLの場合は最初にと書き宣言をしなければなりません。PHPもHTMLに直接書き込めますが練習のうちはPHPだけのほうがいいと思います。というかHTMLを使わなかったです。
その前にPHPファイルをlocalhostのhtdocsに保存し、ブラウザを使えるようします!

実際にPHPコードを書くとなるとやはり変数というのが先に出てくると思います。正直なんで変数という名前なのかといった疑問は文系ということもあり、まったくわかりませんでしたが、そのような疑問はあまり気にせず進みました。コードというのは名前などを聞いたりして難しそうなどと思うかもしれません。僕はなにを聞いても全部数学っぽい名前だし結構ビビりました。

しかしHTMLに比べたらそれはたしかに格段に難しいですが、たとえば変数などは$x = ”hello”などと書きます。これは普段私たちがつかうイコールの意味として使われていません。これは右のhelloを左の$xに代入するということです。そしてそれらをあとからecho””で引き出すことができますよね。
単純に一つの変数だけをブラウザに表示させるのは簡単ですが、幾つかの変数やそれらをspanタグなどで囲いスタイリングしようとすると少し複雑になります。

変数とそれをブラウザに引き出すechoについてお話ししました。echoについてもはもっと色々な書き方がありますが、PHPのコードはHTMLより複雑で難しいです。
よく挫折してしまう人が多いようですが、まずは挫折だけは絶対にしないようにしましょう!