こんにちわ、ライターの河村 健司です。

前回ではHTMLについて少しお話し、実際に<header>・<body>・<footer>タグなど紹介したりして、簡単なホームページの構成についてお話ししました。ちなみに前回タグで囲うという話しをしましたが、例えば<header>を使ったら最後に</header>で文章などを囲って終わりにしなければいけません。これはほぼ全部のタグに該当します。稀に例外もありますが、そこのあたりは簡単なので、特に気にする必要はありません。

CSSを使って綺麗なレイアウトに!

一通りホームページの枠組みができ、文章なども書き終わった後に使うのがCSSです。HTMLで文章の構造だけ作って実際にブラウザ(Safari,chrome)で見てみてもずらっと構造通りに文章がひたすら並んでいるだけです。これでは実際にユーザーがこのホームページを訪れても読みにくし、どこになにがあるのかわかりません。
そこでCSSの出番です!

つまりCSSは構造化された文章とホームページをより読みやすくするためのデザインやレイアウトのためなのです。例えば、メニュー欄を一番上(header)にもっていき、重要な本文(body)を中心に、そして会社概要(footer)などを一番下にもっていき、といったように配置などを設定し、フォントサイズや文字色、ログインページなどもCSSにより実装していくという形です。

CSSはHTMLのタグを指定して、同じように色々なCSSコードを書いていくのです。最初のほうはmargin,paddingなど、複雑に感じられるところもあると思いますが同じくレファレンスなどを確認しながら進めていけば難しくありません。

HTMLとCSSを学ぶ上での重要ポイント!

実際にHTMLとCSSを勉強していくなかで重要なことは、コードを書く!ということです。たまに本をたくさん読んだりする人がいますが、実際にコードを書きながら、指を動かしていないと上達することはありません。それはスポーツと似ているところがあります。いくらテクニックの書いた本を読んでも、実際にやって練習しなければなんの役にもたたないのです!とにかく書いて書いて、書きまくるのです!

HTMLとCSSの後のステップ

HTMLとCSSを勉強し1つのページを作り終わったら次になにをするべきでしょうか。必須というわけではありませんが、是非レンタルサーバなどを借りてみてはいかがでしょうか。

超初心者にとってサーバなんてよくわからないし、ましてやレンタル!?なんて思っている人も少なくないでしょう。
ですが実際にレンタルサーバーを借りてみたところ、全然難しいことはありませんでした。私たちは知らない言葉やものに関して拒絶していて、ただ知らないだけなんでしょう。実際に自分のサーバがあることによってなにができるかなどは次回にご説明させていただきたいと思います!