こんにちわ、ライターの河村 健司です。

前回はざっくりとHTMLとCSSについて説明しました。HTMLは主に文章を構造的に書くためのもので、CSSはそれらの見た目を、具体的にフォントの種類や文字の大きさ、色、行間の幅といった文書の装飾やレイアウトなどの情報全般を指定するためのファイルです。

ITの無料で勉強できるサイトも結構あるので、HTMLとCSSに関してはそれほど難しくもないので早めにタグなどを覚えるとまではいかなくても、だいたい理解できる程度までは勉強しておくといいでしょう。

HTMLCSSを学べば他の知識もついてくる!

いきなりHTMLとCSS勉強してページを作れと言われても、焦りますよね。もしかしたらもう何かのページを作っている最中の人もいるかもしれません。そのような人たちは基本を学び、つまりインプットして、得たものを実際に実行し、アウトプットしているということですね。それは非常にいいことです!しかしそんな人たちは少し思っているのではないでしょうか? 意外と複雑で、意外とつまずいている、と…
そして、それほど難しくないといっていたので、わからない自分にビクビクしているのではないでしょうか。

しかし安心してください!
そのつまずくこと、それ自体が勉強です。何かにつまずき、そしてレファレンスなどで調べてさらに色々な知識がついていくのです。むしろ超初心者ならばつまずいて当然なのです。HTMLやCSSだけでなく、パソコンにと向き合い親しくなることもでき、タイピングも早くなるでしょう。ショートカットキーなども覚えることができます。

サーバーって何!?

つまずいたり、色々調べながらある程度勉強を進めていくと、よく目にするワードなどがたくさん出てきます。それは勉強する前からも知っていると思いますが、意味は調べたことないなど、とにかく初心者にとってはすべてが新しいです。その中のワードの一つにサーバーというのをよく見るのではないでしょうか。
それはこれからプログラミングを学ぶならば絶対に知らなければならないワードです。

みなさん実際にHTMLとCSSを駆使して一つのページを作ったらそれをどうするでしょうか。もちろん自分だけじゃなく不特定多数の人たちに情報を共有したいためにプログラミングを学んでいますよね。では自分のPCの中に作ったものをどのように公開するのでしょうか。

そこでサーバーの出番です!
すごく簡単に説明すると、私たちが実際にPCの中でなにかを作ったとします。そしてそれをみんなに見てもらうには個人からみんなに直接見せることは難しいので、一旦サーバーという様々な情報を集めて貯められる場所を経由し、そこからweb上に公開、つまりすべての人があなたのページを見ることができるのです。

どんなファイルを作っても必ず一旦サーバーを経由してから、web上に公開されるのです。そのためにレンタルサーバーやVPS、クラウドサーバーがあるのです。それぞれを自分の用途に応じて使います。

まとめ

どうでしょうか?すこしはサーバーについて理解できたでしょうか。

専門家なみにすべてに詳しくなる必要はありませんが、プログラミングを学ぶ以上それなりの知識が必要になってきます。そしていざPHPを学ぶとなると普通のサーバーではなくローカルサーバーなども必要になってくるので、わからないことがあればすぐに調べるようにしましょう。そんなことをしているともっともっとパソコンになれてそろそろ超初心者から初心者へとランクアップできるのではないでしょうか?

次回は文中でも述べたローカルサーバーについて勉強していきましょう!