こんにちわ!初心者プログラマー成長ブログライターの河村です!

今回はプログラミングに必須のローカルサーバーの構築についての記事を書いていきたいと思います。構築といっても実際はそんな言葉より難しいことではないので安心してください。

前回まではプログラミングを始める前の大前提としてHTMLやCSSに関して記事を書きましたが、勉強ははかどっているでしょうか?
もちろん最初はすべて難しく感じますが、焦らず確実に前進していきましょう!

ということで早速ローカルサーバーの構築方法についてお話ししていきたいと思います。

ローカルサーバー構築には2種類ある!

ローカルサーバーの構築といっても実は以下の2種類あります。

①macにもともと入っているターミナルを使う方法(難易度:高)

②ソフトウェアのインストール(難易度:低)

上記のようにターミナルを使う方法は難易度が高いのに加え、ある程度の工数が必要です。それに比べてソフトウェアのダウンロードは工数も少なく、比較的簡単です。

初心者プログラマー成長日記では恥ずかしながら難易度が低い②の方法で進めていきたいと思います。しかしどちらの方法でもプログラミング自体に差が生まれることはありませんのでお好きな方を選んでください。

MAMPでローカルサーバー構築

では早速ローカルサーバーの構築手順を見ていきたいと思います。

①GoogleでMAMPの検索

mampsearch

一番上にMAMP&MAMP PROが表示されるのでそちらをクリックしてください。すると以下のページいくことができます。

②MAMPのダウンロード

mamp2

このページはMAMPかMAMP PROのどちらかを選択することができます。青色の方は有料ですが灰色は無料で利用できますので初心者の場合はなにも気にしないで灰色をインストールしましょう。

こちらをクリックすると次は以下のページにいきます。
mamp3

するとDownloadというボタンがあるのでこちらをクリックしてください。この時にMAMP PROも同時にダウンロードする設定になってしまいますが問題ありません。
少し待つとファイルが開かれ色々きかれますがそこでは特に特別なことはありません。

PROはダウンロードしたくないという方は、インストールしている最中の・インストールの種類の画面に出てくるカスタマイズでPROの選択を外すことができます。

アプリケーションでMAMPを開く

ダウンロード後にアプリケーションに入っているMAMPを開きます。開くと次のようなページなると思います。
mamp4

MAMPを開いて設定を押します。するとApacheサーバとMySQLサーバーがあるのでまず起動します。ポートなども変えると書いてある記事もありますが変えなくても使うことはできるので今回は変更しません。

表示させてみよう

以上の作業でローカルサーバーの構築は終了です。ではどのようにテキストエディタの内容を表示させることができるのでしょうか?

テキストエディタでは適当に

<?php echo "success"; ?>

とechoを使ったものを入れておきましょう。
そしてそのファイルの保存先が重要です。ローカルサーバーで使いたいファイルは常に、アプリケーション>MAMP>htdocsの中にファイルを作りましょう。

ここまできたらあとはApacheサーバーとMySQLサーバーが起動していることを確認してhttp://localhost:Apacheポート4桁/を入れるとブラウザで表示されます。

まとめ

今回はローカルサーバーの構築について記事を書いていきました。ブラウザには正しくコードが表示されたでしょうか?
もしエラーが出てしまった方がいればMAMPに関する記事は多くあるので参考にしてみると良いかもしれません。ちなみに僕は最初①の方法で試しましたが、途中でこちらに変更しました。やり方はインターネットをみて進めていったのでみなさんも頑張ってください!

次回からはローカルサーバーを使い、進めていきましょう。