こんにちわ!IT留学ポータルの河村です!
みなさんはWantedlyをご存知でしょうか。最近Facebookやその他のSNSでよく目にすることが多いように思います。実はwantedly自体もウォンテッドリーが提供しているビジネスSNSです。Wantedlyは話を聞いてみたい企業にカジュアルに申し込みカジュアルに行けるサービスです。そんなユニークなウォンテッドリーが今回新しいチャットアプリをリリースしましたので紹介したいと思います。

ビジネスマンのためのチャットアプリ

今回ウォンテッドリーがリリースしたチャットアプリは『Syncメッセンジャー』です。Syncメッセンジャーは社内外のビジネスコミュニケーションを目的にされたチャットアプリで諸々の機能などがビジネスに適しています。まず気になるのは料金の方ですが、料金は3段階に分かれており無料版、プロ版月額600円、ビジネス版月額1200円です。具体的な機能としては、まずアカウントはWantedlyと連携しており、デバイス間の同期はもちろん、他のデバイスで開いたときもどこまで読んだか読まなかったか確認することができます。チャット内容の保存期間無制限のファイル共有が可能でビジネスにはかなり活用できそうです。さらにチャット内容の検索もできて、誰かを検索したい場合は名前、会社名、役職、学歴からも検索することが可能になります。機能によっては料金もかかってしまいますが、それ以外のメリットを考えると利用してみたいものです。

ビジネスチャットアプリと公言する重要性

ウォンテッドリーは基本ビジネスSNSなどビジネスに特化したサービスだが今回のビジネスチャットアプリの背景には仕事関係の連絡で従来のチャットアプリを使うことの抵抗があることからリリースに至ったと思われる。プライベートでも使っている従来のチャットアプリなどを仕事でも使うとなると様々な問題もが生まれかねない。そこで前提としてビジネスチャットアプリと定義することで多くのビジネスマンにプライベートとはまったく別のチャットアプリとして利用できる。もしみなさんが未だにチャットアプリを公私混同しているならば是非ウォンテッドリーのSybcメッセンジャーを使ってみてはいかかでしょうか。