こんにちわ!IT留学ポータルの河村健司です。今回はビジネスマン必見のアプリ『Dropbox』を紹介したいと思います。ビジネスマンは常に書類をまとめたり、スケジュールを管理し整理しながら仕事を進めていかないと仕事を効率化することができません。そしていまはメールで大事な書類を扱う場面も多くあります。デジタル化されたものをしっかり管理することはこれからのビジネスではさらに重要になてくるでしょう。そんな時に必要になってくるのが今回のアプリDropboxです。

柔軟なアプリケーションDropbox

ではDropboxの主な機能をご紹介したいと思います。Dropboxを使うことで最も効率化するのがファイルの管理です。一旦ファイルをDropboxに保存すればどのデバイスからでもそのファイルにアクセスすることが可能になります。もしオフィスにパソコンが置いてあり、パソコンでファイルを保存したとしても電車のなかでスマートフォンからファイルをみれるのはもちろん、家のパソコンからでもファイルを見ることができます。どのデバイスでもファイルを確認できるためたとえどれかのデバイスを紛失してもファイルを失うことはありません。もちろん動画や写真も保存することができ、思い出としても保存することができます。保存した動画や写真はDropboxのアカウントを持っていない人にも簡単に送信し共有することができます。なかでも便利な機能は1つの共有フォルダです。共有フォルダでは最新のファイルにチーム全員がアクセスすることが可能になり、1つのファイルで共同作業することが可能になります。

新機能追加でアップデート

そして最近便利なDropboxがさらに新機能を追加しリリースされました。追加された新しい機能はOCR(光学文字読み取り)システムです。この新機能によってなにが可能になるのかというと、ユーザーが撮影した文書などをスキャンし文字に変換することができます。メールで送られたファイルもすべてDropboxに保存することができます。これらの機能によりアナログだったデータ簡単に有効活用できるようになるかもしれません。