こんにちわ!IT留学ポータルの河村です!
今回の記事では一般的になってきた英語留学と、最近流行りのIT留学を必ず成功させる方法を完全攻略します。

完全攻略ってどうゆうこと??

ってなると思いますが、つまり英語留学とIT留学を終えたときにどれぐらい自分のスキルが伸びてるか、また最大限まで伸ばすことができるか、徹底的に解説していきます。実は僕自身も留学を経験したことがあり、どうしたら留学を充実させることができるか、1度や2度でなく、何十回も調べた記憶があります。
そこでこの記事を書こうと思いました!この記事を読めばあなたがなにをすべきかどんな方法があるかなど、もう色々調べなくてもこの記事だけをみれば全部まるわかりです!

ということで本題に入っていきましょう!

留学って勉強??遊び??

pexels-photo (10)

英語留学をするほとんどの方が『英語を話せるようになりたい!!』という気持ちから留学に踏み込んだのではないでしょうか。しかしそれと同時に外人の友達も作ったりして遊びたい!というのが一般的でしょう。

そうなってくると留学って勉強メインなのか遊びメインなのか、それともバランスが大事なのか、よくわからなくなってしまいます。留学する前にどのような比率がいいのか確認しておきましょう。

留学する期間によって違う

留学と一言に言っても何週間の短期から6ヶ月ほどの中期、そして1年まるまる留学も珍しくはありません。色々期間があるように勉強と遊びの比率はかなり変わってきます。
数週〜3ヶ月間の留学

もし数週間から数ヶ月程度の留学なら比率は完全に10:0。どっちが10かというともちろん遊び!これは当たり前で勉強は語学学校の授業ぐらいで十分です。むしろ勉強してたら短期留学にきた意味がありません。とにかく学校のイベントに参加したり、友達と飲みに行ったり、常に外出するイメージで留学を楽しんでください!

半年間の留学

半年留学の勉強と遊びの比率は7:3です。半年留学も基本的にメインは遊びです。半年間は一見長そうにみえますが一瞬で終わります。一瞬で終わるにもかかわらず半年留学あたりから留学終了時に英語がある程度は話せていなければならない、という謎のプレッシャーがあります。謎というか大金をかけたり、友達に話せるようになった?ってゆう質問が原因です。しかしそんなことは気にせずにどんどん遊んで、土日などで自習というスタイルがベストです。

1年間の留学

1年留学、半年が過ぎた頃から外国人と出かけたりするのがめんどくさくなってきます。そして日本にも少し帰りたくなります。ここが踏ん張りどころで、学習の量もすこし多めにしたほうが帰国後にTOEICなどで良いスコアが取れるか取れないかの分岐点になります。ということで比率的には最初の半年は7:3、残りの半年は5:5です。意外と勉強する割合が短いと思った人がいるかもしれませんが、前提として英語は言語です。言語で一番なのは話して話して、話しまくることです。

期間によって大まかに分けましたが、ベースは遊びでokです!

とここでみなさんが気になることが1つでてきましたね。ベースは遊び、もちろん外国人、じゃーどうやって外人の友達を作るの?

外国人の友達はどう作る?

people-mother-family-father

留学予定の人も留学中の人もやはり気になるのがこれですよね。ではさっそく紹介していきましょう!

学校を絶対休まない!

大前提として学校は必ずいきましょう。そんなの当たり前だと思うかもしれませんがこれが意外とできていません。大学などでは出席が大事ですが語学留学では緩いのがほとんどです。まず学校にいかないとほかの生徒とも会えないし、授業の進歩にすこし遅れてしまいます。そして1回サボると繰り返してしまうので注意しましょう。

ルームメートと仲良くなる!

留学での滞在方法は寮やホストファミリーが基本だと思いますが、だいたいルームメイトがいるかと思います。そして一番最初に会う生徒もルームメイトというのがほとんどでしょう。ルームメイトと仲良くなれば友達の輪はどんどん広がっていきます。くれぐれも部屋ずっとイヤホンなどしていることがないようにしましょう。

昼食前の授業でお昼に誘う

留学中友達がいなくて一番困るのがお昼の時間です。1人ぼっちにならないように授業中やルームメイトとお昼を食べる約束をしましょう。最初の方であまり自信がない方は日本人の友達と一緒に外人を誘うといいかもしれません。

飲みに行きまくる!

海外留学で一番大事なのはやはり外出することです。学校のイベントでどこかにいくのもいいですし、観光などでどこかを訪れるもありです。しかし一番てっとり早いのは飲みに行くことですね。語学学校のまわりには必ずと言っていいほど生徒が集まるバーのような場所があります。そこにいけば生徒にも会えるし、お酒も入ってたら英語もどんどん出てきて会話が弾みます!少なくとも金曜は必ずいきましょう!ただし飲み過ぎにはご注意を。

自分にあった勉強をしよう!

woman-notebook-working-girl (1)

英語が苦手な人の勉強法

英語留学をするということはもともと英語がすごい苦手でまったく話せなくてほとんど0からスタートという人も中にはいると思います。しかし安心してください!英語が苦手な人は逆にいうと基本を勉強すればすぐに伸びるということです!
では一体どんな勉強をすればいいのか、どんなことをすればいいのか、紹介していきましょう。

日本の友達とあまり連絡をとらない!

英語が苦手な人はまず英語に触れる機会を多く + 日本語に触れる時間をできるだけ少なくします。暇があればついつい携帯をいじってしまう私たち現代人ですが、日本語を読み、日本語を使ってしまいます。日本語にはあまり触れずに最初の1・2ヶ月はひたすら英語に触れましょう!

文法をあまり気にしすぎない

英語を話す際に日本人が一番気にすることは文法です。日本人は知識の量でいったら他の国の方達よりも単語などをよく知っています。しかしいざ話すとなるとやはり外国の方のほうが話せています。理由としては日本人が文法を気にしすぎているというのが主な理由でしょう。正直、外国の方は英語をペラペラ話しているようで、文法的には結構間違ってたりします。なにかわからない単語や文法があってもあまり気にせず話すとスピーキングがどんどん上達します。

基本単語を抑える!

話す分にはあまり知識はいらないとよく言われますが、基本的な英単語1000から2000は覚えといた方がいいでしょう。最近は英語が勉強できるアプリも豊富なので、隙間時間にサクッと勉強してみるもいいでしょう。

英単語を英語で説明する!

かなり効果的な勉強方として英単語を他の人に英語で説明するやり方があります。英語で説明することにより、頭の中でも英語で考えるのでこれを繰り返していくと日本語から英語に変換しなくてもスッと英文が頭の中に浮かんできます。

英語が得意な人の勉強法

英語が得意な人の勉強方はいったいなんでしょうか。文法もある程度抑えていて、単語などの知識量がある人は例えば単語帳を勉強したりするのではなく、主に長文読解やリスニングに焦点を当てて勉強しましょう。

決まった数の長文を読もう!

ある程度英語も話せて、知識もそれなりにあるかたは週にいくつかの長文を読みましょう。英文を読むことでより正しい文法や新しい単語に出会うことができます。帰国した際に資格をとる予定でしたら必ず長文に慣れておいたほうがいいでしょう。

writingをする!

長文を読む機会がたくさんあり練習できますが、writingはほとんどしません。writingから得られるメリットは色々あり、例えば自分の文法をチェックできたり、writingでかけることはつまり話せるということです。トピックなどを決めて定期的に書くことで今の自分の英語力も確認することができます。

音読をしよう!

みなさんは聞いたり、読んだり、書いたりして英語を学びますが、音読はあまりしないと思います。ですがこの中でも音読は一番良い勉強方法で、英語力をすぐに上げたいならば音読をおすすめします!読み終わった長文などを音読の材料にすると良いでしょう。

動画・映画をみよう!

英語力上級者になると英語で映画を観たりする勉強法もあります。中級者の方でも字幕などがあれば全然問題無いと思うので試してみてください。動画を使っての勉強は少し難しいですが、ネイティブ英語を覚えてリスニング力も格段に上がりますので、余裕がある方は是非チャレンジしてみてください!!

ここまで長々と書いていきましたが、実は後編もあるのでもっと留学を確実にしたい方や、次回はIT留学についても記事を書いていきますので興味がある方は後編へどうぞ!!