こんにちは~。伊藤です!

「今日もITの勉強がんばるぞ!」

そんな風に勉強が始められる日がありますよね。

一方

「勉強ダルい~・・。」

と感じ、なかなか勉強が進まない日もあります。

しょ~がないですよ、人間だもの。

そんな、勉強がうまくいかないときに覚えておいてほしいのが、

「やる気のでない自分を責めない」ということ。

みんな、そうなんですよ笑 そんな気持ちになるのは当たり前。

その当たり前をまず認めた上で、「その状態をどう回復させるか?」に焦点を当てるべきです。とことん現実主義でいきましょう。

ぼくだったら、自己啓発本とか、合格体験記とかをみますね。本当にやる気アップにつながります。

そしてもう1つが「名言」を見ること。辛いとき思い出すこと、するべきことなんてものは、当の昔に天才たちが答えてくれています!

読者の中には天才もおりましょうが、まあ普通の人は彼らの名言を取り入れる方が無難でしょう笑

それではさっそく、いきまーーーす!!

僕らは常に、未来の理想に向けてではなく、今やれる最高のことだけを目指してきた。常にがむしゃらに、目先のことを追い続けてきただけなんです。

任天堂取締役、宮本さんの名言。プログラマーの発言ですが、常に上を目指す人に共通する考え方ですね!

「今」に集中する姿勢が大切。稲盛和夫、林修、堀江貴文、A.アドラーなど、多くの著名人が口をそろえて言っていますね。

ぼくも仕事中にこのことを思い出し、自分を正すことがよくあります笑

僕は技術が世の中を支えていると思う。人間社会を豊かにしてきたいちばん大きな原動力は、技術者の力だと思っている。

「世界が変わらないのはエンジニアのせいでもある」と主張する堀江貴文氏(2013/05/14弊誌記事より)

ホリエモンこと堀江貴文の言葉。実はプログラマーでもありますね。彼の核心を突いたものいいにはいつも感嘆してしまいます。特にtwitterが過激でおすすめ笑

振り返られることになるストーリーは、アプリをはじめとするFacebookの上に構築されたものの数々だろう。過去5年間は、人々をつなぐことが中心だったが、次の5年から10年は、出来上がったこの繋がりの上に何を作れるかが問題だ。

facebook創始者ザッカーバーグの名言。つながるネットワークはもはや確立しています。あとは、世界中の人に「どのような価値を提供するか?」です。

発信元はもちろん「インターネット」ですね!ぼくも発信できるものを模索しています。みなさん共にがんばりましょう!

デジタル経済が今後さらに発展し、スピードこそが企業にとって最も重要になる!

おなじみ、マイクロソフトのビルゲイツの名言。ITの普及によって、従来よりも生産スピードが何倍にもなりました。これからもこの流れは加速していくでしょう。

人間がコンピュータに敵わない分野がある。であるならば、ITを勉強して思い切り頼ってしまえ!

そんな思いに駆られますね。

コンピューター科学は私にすれば一般教養さ。 人生の中の1年をかけて皆が学ぶべきだと思うんだ、プログラミングの方法をね。

ah_jobs.jpg

最後はもちろんこの人!Appleのスティーブジョブズ。プログラミングを一般教養と断言してしまうあたり、さすがですね。

ITの中でもプログラミング学習者は特に刺激を受けるのではないでしょうか!

まとめ

いやはや、わたしが偉そうに話す何百倍もやる気の向上効果がありますね!記事を書きながら、わたしも刺激をうけてしまいました笑

勉強のあいまにでも、ご覧になっていただければ幸いですね(・ω・)ノ