みなさんこんにちは!インターン生の伊藤です!

インドにご渡航の可能性がある皆様!

お金の調達方法については充分にご存知でしょうか。

わたしは知りませんでした。

どうすればお金がおろせるのかなど全く考えずに渡航したため、お金がなくなったときは本当にあせりました。

「飢え死にしてしまう!!」という恐怖が常に頭から離れず3日間くらい仕事が手に着かなくなったことがあります笑

生存を脅かされた人間ほど脆く、醜い生き物はいません笑

結局おろす方法を必至でググって見つけ、事なきを得ました。ただそれはただ運が良かっただけです。

もし最悪の場合は人に現金を借りて生活するというなんともカッコ悪いインド生活を送ることになっていました。

みなさんには、わたしのような失敗を犯してほしくありません。

そこで今回はわたしが絶望に打ちひしがれながら必死で調べたインドでの現金調達方法をお教えします!

リスクマネジメントが全て。それでは順にご紹介しましょう!

クレジットカードでのキャッシング(ご渡航の3週間前までに確認をする)

credit card

まず最初はクレジットカードでのキャッシングの利用が挙げられます。これ、皆さん当たり前にできると思っていませんか?

よくあるミスですが、あらかじめキャッシングの限度額を設定しないと、海外でキャッシングできないんですよ笑

初期設定で限度額が0円になっていることも多いので、ご渡航前にご確認ください。

「0円になってた!」

という方は、すぐにオンラインで限度額変更を申請し、クレジットの会社に連絡をしましょう。

限度額変更の受理には審査にパスする必要があったり、ご自身で記入し郵送する手続きなどもする必要があります。

大体3週間前くらいまでに限度額の変更手続きをすれば変更が受理され、めでたく海外でお金をおろせる状態になります。

限度額が0円のまま海外に行ってしまったら終わりです。代行での手続きはできませんから。(わたしはこのパターンで、キャッシングを諦めました笑)

キャッシングができれば、クレジット1枚で海外生活をエンジョイすることができますね♪♪♪

新生銀行のキャッシングカードの利用

Shinsei card

続いて、新生銀行のキャッシングカードを利用することが挙げられます。わたしは図らずもこのカードを渡航前に購入していた為、なんとか現金調達ができました笑

現金調達方法としては

➀新生銀行に口座開設し、キャッシュカードを受け取る

➁海外の引き出し限度額を任意設定する

これだけです。非常に簡単に手続きができ、とてもオススメです。

ただしセキュリティーカードが必要になる場合もあるので、そちらのデータは忘れずに保持しておくのをオススメいたします。

その他

その他にもインドで銀行口座を新規で開設したり、銀行を介在せずに海外送金をする裏技もあります。

しかしそれらの場合は開設の手続きが非常に煩雑であったり、送金の際にとても高額な手数料が発生してしまう場合もあります。

なのでクレジットカードでのキャッシングと新生銀行が万一使えない場合の最終手段に残しておくのがよいでしょう。

また、クレジットのキャッシング、あるいは新生銀行のカードで現金を調達できるからといって安心するのはあまりよくありません。

インドではATMでカードが食べられれてしまうことがまれに起こります。1つだけでなく、複数の現金調達方法を確立したほうがよいですね!

この記事をご参考に、安心して生活できるインドライフをデザインしていってくださいっ!そのための一助となれば幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!