皆さんこんにちは!インターン生の伊藤です!

皆さんはインドの滞在者を苦しめる、ある手続きのことをご存知でしょうか。

その手続きの名は「外国人登録」です。

インドに来る時、多くの人がこれに苦しみます。

書類を持ってオフィスに行く➡書類不備➡再度準備➡書類不備

というサイクルを繰りかえす場合が多く、ストレスが溜まります。

更にオフィスに行くと例外なく長時間待たされ、ストレス増加に拍車をかけます。

(ある友人は8時間かかりました笑)

こんな嫌な思いをしなくて済むよう、留学に来る方は必ず必要書類などを確認しておくことをオススメいたします。

この記事には外国人登録の情報を記入しましたので是非一度参考としてご覧ください。

外国人登録の概要

学生ビザでインドに来る外国のうち、180日以上滞在する予定のは入国から14日以内に外国登録をする必要があります。 
遅延する場合はペナルティを払わされますのでお早目にお手続きをすることをおすすめいたします。

必要書類

パスポート

まずはこれです。勿論皆さんお持ちかと思います。

原本は勿論のこと、コピーの提出を求められる場合がほとんどなので、パスポートコピー、ビザコピー、入国スタンプコピーの3点は必ず持参しましょう。

学校からの書類       

お次はこれです。FRROの手続きをする場合、留学の受け入れ機関からの証明書が必要となります。必ず手に入れましょう。

印刷後は写真を貼付し、書類と写真を横断するようにボールペンでサインをしましょう。

インドは原則自分からアクションを起こさないと対応してくれないので、渡航後に自分から学校に問い合わせ、お早目に入手されることをおすすめいたします。

必要書類の中で、一番取得がめんどうなのがこれです笑

必ず「自分の名前」が書類の中に明記されているかどうかしっかりと確認してください。(名前が入っていない場合、書類不備と判断される場合が非常に多いです!)

オンライン申請書

最後にオンライン申請書を記入、印刷した上で写真を貼付しましょう。

この申請書を書いている最中には「パスポートコピー」、「証明写真」、「住居証明書」、「学校からの書類」をオンラインで読み込む必要があるので、この書類は最後に準備するのがおすすめです。

また、申請の最後にオフィス訪問の日程を決めることができます。予定の合う日程を選択し、必ずその日に行くようにしましょう。(決めた日程以外ですと原則オフィス内に入ることができません。)

おわりに

以上の書類を全て不備なく(記入漏れ、誤り等なく)用意した上で、オフィスにて申請をすれば手続き終了となります。

渡航後2週間以内に終了しなかった場合ペナルティが取られますので、早めにカタをつけたいところです。

この記事を参考にFRRO申請を素早く終わらせ、快適な留学ライフを送りましょう!

最後までお読みいただきましてありがとうございました!