IT人材需要の最盛期がすぐそこに来ている

it1

日本の経済成長=IT産業の成長

7月22日、民間IT企業団体と政府のコミュニケーションを円滑にし、IT人材の育成を強化するために一般社団法人日本IT団体連盟が設立されました。”これからはITが経済成長、社会の変化において非常に重要であると確信している。”(ヤフー株式会社代表取締役 宮坂社長)と言うように、日本の経済成長はIT産業の進化に掛かっていると言っても過言ではありません。

大手企業のIT人材イベント

国内企業のIT人材不足が深刻化しています。リクルートや求人サイト運営のリブセンスはその課題に対応するために「転職ドラフト」などのイベントを次々と開催しています。総務省が2025年までにIT関連人材を現在の2倍の200万人に増やす目標を発表しました。企業が抱えてきた長年の課題に、国がようやく重い腰を上げたのでIT人材需要の潮流は今後しばらく続きそうです。

IT人材の年収は1,000万円?!

it2

アメリカやイギリスのIT人材の年収

アメリカのプログラマーやSEの年収は1,000万円、イギリスは800万円となっています。海外の企業ではエンジニアやプログラマーが経営の中枢を担い、彼らを中心にビジネスを回していきます。例えば、Googleのサンダー・ピチャイCEOやマイクロソフトのサティア・ナデラCEOなど世界的な企業のトップもエンジニア出身者ばかりです。

日本のIT人材の年収

厚生労働省の2015年賃金構造基本統計調査によると現在プログラマーの年収は408万円で、SE(システムエンジニア)の年収は592万円です。これは65業種のうち中位のランクです。日本はそもそもITスキルに理解のある人材が少ないため、IT人材を正しく評価できていません。そのため、エンジニア出身者が企業で出世していくことが難しいのです。上述した通り、日本ではIT人材育成強化の動きがいっそう強くなっていきます。ITへの理解が高まり、IT人材の価値が海外と同様レベルに評価されれば、日本のIT人材の年収もすぐに上がってきます。

IT人材のキャリア選択肢は広い

it3

フリーランスという生き方

フリーランスは好きな場所で好きな仕事をしながら生きるというのが大きな特徴です。特にIT人材は手に職をつけているため、その生き方を選ぶことが可能です。

《長野県のIT人材誘致》
長野県は県外在住のIT人材を対象に長野に1〜2泊程度滞在して仕事をする際に交通費や宿泊費、共有オフィス利用料などを一部補助する制度を実施します。IT人材に長野県での仕事を体験してもらうことで、IT人材を長野県に誘致する狙いがあります。ITスキルを身につけるメリットの一つは、場所を選ばずに働けることです。働きたい場所で働く、そんなワークスタイルを実現できるのはIT人材だけでしょう。

企業勤めという生き方

繰り返しになりますが、今後IT人材の需要はますます増えてきます。今でもIT企業はITスキルを持つ人材を求めています。企業に入り自分のITスキルで組織の力として活躍するという生き方も可能です。
いずれにせよ、IT人材には自分がどのような人生を歩むか決める選択肢が広がっています。

まとめ

日本はIT人材育成に向けて動き始めましたが、その動きが社会に変化を与えるまでには少しばかり時間がかかりそうです。しかし、近い将来必ずIT人材の価値が高まる時がきます。その時に来る時に備えて、今、IT人材への一歩を踏み出す必要があります。

IT留学スクール一覧はこちら→http://india-it-school.com/#school


資料請求/留学相談はこちら!