こんにちは!インターン生の高田です。

2016年卒業予定の方にとって、就職活動のはじめの一歩といわれる『サマーインターン』の季節がやってきましたね。

以前は外資系のコンサルティングファームや投資銀行のイメージが強かったサマーインターンですが、近年は日系企業の募集も盛んです。大手就職情報会社マイナビが5月に行った国内企業向けの調査によると、半数以上の企業がこの夏に新卒向けのインターンシップを開催する予定で、従業員5,000人以上の大企業となるとその割合は80%を超えるとの結果も出ています。

ニュースリリース | マイナビ
ニュースリリース | マイナビ

 
 
そんな中で、インターン生に高額な報酬を提示する企業も出てきました。
 
1か月で報酬40万円 LINEが初の「サマーインターン」募集 - エキサイトニュース
1か月で報酬40万円 LINEが初の「サマーインターン」募集 – エキサイトニュース

 

ご存じのとおり、経団連が定める採用活動の解禁日が3ヶ月遅くなったため、企業側は早期から学生の囲い込みに必死です。優秀な人材に早めからリーチしたいと考えています。景気が上向きなことから、採用市場が学生による“売り手市場”とまで言われています。ただ、IT業界の場合は応募の時点で様々な要件がある場合があるので対策も必要です。

IT企業のインターン内容とは?

さて、今回はIT企業への就職を希望されている学生の方向けに、今年のIT企業のインターンの傾向から、本格的な就職活動に向けての対策や必要なスキルをまとめてみました。

IT業界と言っても、様々な分類があります。業種別に、【サービス提供】【ソフトウェア開発・販売】【システムインテグレータ】【受託開発】の4つを見ていきたいと思います!

1.ITサービス提供

こちらは近年就活生に人気の企業群です。主な企業として、DeNAやサイバーエージェントといったソーシャルゲーム開発会社があり、インターネットを使った新しい価値を、一般の人向けに生み出している企業ということが言えます。隆盛の流れが速く、一気に業界トップになることもあれば、その逆も有ります。ではこちらのDeNAとサイバーエージェントの今年のサマーインターンの内容を見てみましょう。

・株式会社ディー・エヌ・エー

dena
【インターンシップ内容】
グループワークによる新規事業立案
【応募要件】
 2016年3月までに卒業、卒業見込みの大学生など
【一口メモ】
サマーインターンの中でも特に有名かつ大規模に行われるのが、このDeNAのインターンです。なんと、参加者全員に賞金10万円が与えられ、優勝チームにはなんとシリコンバレーツアーが企画されています。ビジネスコースとテクノロジーコースがあり、ビジネスコースの学生は論理的な思考力が求められ、戦略に落とし込む能力が問われます。こちらは特定のスキルは必要ありません。テクノロジーコースでは、サービス企画から行い、ハッカソン形式でサービスの実装まで行います。こちらはコーディングのスキルが必要です。
 
 
・株式会社サイバーエージェント
サイバーエージェント 
【インターンシップ内容】
新規事業立案ワーク/サービス開発ワーク
【応募要件】
2016年3月に大学卒業見込みの学生/プログラミング開発スキルを持つ学生
【一口メモ】
こちらもDeNAと並びかなり大規模なインターンを募集しています。ビジネスコースでは成長や挑戦といった、参加者の意欲が重視されるのに対し、テクノロジー・デザインコースではプログラミングといった具体的なスキルが求められます。学生でコーディングやWebデザインができる学生は少ないためか、こちらのコースのみ参加者に報酬が5万円、優勝賞品にはMacbookなどとても豪華です。

 

2.ソフトウェア開発・販売

代表的なソフトウェア開発として、マイクロソフトやAdobeなどが挙げられます。一般的には、企業向けのソフトウェアを開発していますが、一般向けのソフトウェアの開発を行っている企業もあります!Microsoft OfficeやAdobe Creative Cloud(Suite)シリーズなどのソフトは、お持ちの方も多いかと思います。こちらでは、マイクロソフトディベロップメントと、日本の大手ソフトウェア開発企業富士通の今年のサマーインターンを見てみましょう。

 
・マイクロソフトディベロップメント
マイクロソフト
【インターン内容】
ソフトウェア開発・開発プロジェクトマネージャ体験
【応募要件】
コンピュータサイエンス系の学部在籍の学生
【一口メモ】
短期のインターンとは異なり、こちらは2か月間の長期インターンシップとなります。また、応募要件として理系の学生のみが対象となっていて、選考には明確な基準が儲けられているようです。インターンといっても、実際の業務の一部にコミットする形なので、事前にプログラミングやソフトウェアの仕様に関する知識が必須となります。
 
 
・富士通
富士通
【インターン内容】
職場受入れ型インターンシップ(ソフトウェア開発)
【応募要件】
C言語、javaなどの開発スキル
【一口メモ】
こちらも職場受入れ型で、短期ですが実際の業務とほぼ同じ経験がインターンシップで積むことが可能です。コンピュータサイエンス選考の理系学生向けですが、その他の学部生でもスキルがあれば応募が可能です。スマホアプリ開発からスーパーコンピュータ向けのソフトウェアまで幅広くカバーしているため、募集要件、必要なスキルも様々です。

3.システムインテグレータ

NTTデータや伊藤忠テクノソリューションズ、野村総合研究所などがこれにあたります。主な業務としては、企業のシステム開発のトータルソリューションサービスといったもので、システム導入のコンサルティングから開発、テスト、運用までを手掛ける企業です。B2Bが殆んどなので、普通に生活していても馴染みのない企業が殆んどですが、IT企業への就職を目指す方には人気の職業です。こちらでは、NTTデータと野村総合研究所のインターンを見てみます。

 
・株式会社NTTデータ
NTTデータ
【インターン内容】
業務体感グループワーク/プロジェクト参加型
【応募要件】
2015年4月以降卒業予定の学生
【一口メモ】
IT知識が無くても参加可能な業務体感型グループワークと、実際の業務の中の、営業やシステム開発、調査などの業務を行うプロジェクト参加型の2種類があります。業務体感型は250名の募集に対し、プロジェクト参加型は40名と少数精鋭で行われ、システム開発に関する知識が必要です。学生の現段階でのスキルごとにコースを分けているというのが特徴ですね。
 
 
・株式会社野村総合研究所
NRI
【インターン内容】
ITソリューションの実務経験
【応募要件】
大学・大学院に在籍の学生
【一口メモ】
事前研修の後に、システム開発や運用を現場社員と共に経験していくプログラムです。体感ワークと実務経験のどちらも含まれており、プログラミングの経験が無い学生でも参加できます。ITの知識は現段階では問わず、インターンを通して一気に知識を付けてもらうというものです。エンジニアスキルより、戦略的な思考が重視されていると思われます。

4.受託開発

受託開発企業とは、簡単に言うとシステムのプログラムを書く人の集団のことです。システムインテグレータ会社などからのシステムの仕様書を受けて、実際にプログラムを書いて形にしていきます。プログラミングに関する知識、経験が必要とされる職域で、開発者になりたい人に最適な職業といえます。インターンでは、大手のSI企業と提携している企業よりも中小のベンチャー企業での長期インターンが多いようです。ここでは、インフラ関連の制御プログラムを開発している日本ソフトウェアと、アプリケーション開発を行うベンチャー企業を見てみましょう!!

 
・日本ソフトウェア
日本ソフトウェア
【インターン内容】
制御系プログラムの開発体験
【応募要件】
特に記載なし。
【一口メモ】
情報制御システムの開発を手掛けている、日本ソフトウェアのインターンシップです。制御プログラムを使いロボットを動かすのがインターンの内容で、設計から制作、テストまでを行います。実際業務にコミットするわけではないですが、コーディングに関する知識は必要で、参加者も情報科学系の学生がほとんどです。
 
 
・株式会社ジャムロジック
ジャムロジック
【インターン内容】
スマホアプリ・webサービスの開発業務(エンジニア)
【応募要件】
理系学生で、JavaScriptを習得している学生
【一口メモ】
こちらの企業は2012年に設立されたばかりのテックベンチャーで、受託開発というより共同開発のメンバーとして参加するインターンシップです。実際にアプリ開発を手掛けることとなるので、JavaScriptを事前知識としてPHPやMySQLといった言語もインターンの中で学べる、実務と学びが経験できるインターンの種類です。
 

IT企業で働くのに必要なスキルとは

全般的な傾向として、アプリ開発経験がある学生や、コーディングできる学生はどの職種にも求められているようです。大企業であればしっかりとした教育制度があり、ノースキルであっても研修等で入社後にカバーできるような制度が整っているので、事前のITスキルは必要はないですが、メガベンチャーやスタートアップでは知識を持った人材が採用されやすいのは明らかでしょう。 また、サービス開発のための戦略思考力マーケティング力を重視する企業、最適なシステムを開発するための分析力を重視している企業もIT業界では目立ちます。

どちらにしても、IT企業で就職後はシステムやコーディングに関する専門的な知識が必要です。プログラマでなくても、プログラマに自分の意思を伝えることが必要となります。時間があるときにこういった知識は付けておいた方が良いですし、余裕があれば就職活動前にスキルを身に付けてみてはいかがでしょうか?企業面接でも具体的な話ができるようになるかと思います!
 
今年から仕様が大幅に変わる就職活動に向けて、就活生の皆さんのご活躍を願っております!短期間でITスキルを身につけたい方はこちらをチェックしてみてください!
インドでのインターンに興味がある方はこちら