java2

こんにちは!インターン生の高田です。

プログラミング言語の中でも、初心者でも始めやすいと言われているJavaについて前回記事では簡単に説明させていただきました。今回は、Javaの仕組みやJavaプログラマが求められるフィールドについて、触れていきたいと思います。

おおよそのプログラミング言語と呼ばれるものは、プログラム(コード)を書くことでPCなどに動作の指示を出すことができます。しかしそれぞれの言語で特徴があり、得意分野、不得意分野があります。ここでは、Javaの特徴について詳しく見ていきましょう。

速く動く!Javaのプログラム

Javaのプログラムは、とにかく早く動きます。webサイトにおいては、PHPでもJavaと同じようなプログラムを指示することができますが、これには歴然としたプログラムの動作速度の差があります。

というのも、PHPは人間が理解しやすい言語であり、人間の言語をPC側が理解するため時間がかかります。JavaはPC側が理解しやすいように設計されているので、習得には時間がかかりますが、とても速く動くということです。

とは言っても、それほど大規模なプログラムでない限りは、人間はほとんど感じない動作速度の差です。どれほどの規模のプログラムなのかによって、習得するかしないかを判断する必要がありそうです。

様々なOSと相性が良いマルチプラットフォーム

Javaで書いたプログラムは汎用性が高く、WindowsでもMacでも動きます。これによって、いちいちWindows用にプログラムを書いたりMac用に書き直したりという手間が省かれます。

全く違うOSなのに、なぜ動作するのか?それは、JavaがPCの中に“Java仮想マシン”というソフトパソコンを作り、こちらにJavaのプログラムを格納するからです。要は、このソフトパソコンがPCとJavaプログラムのクッションとなり、Javaプログラムが様々な環境で動作するように手助けをしているということです。

このソフトパソコンのおかげで、JavaはPCが無くてもソフトパソコンさえあれば動作します。

カーナビはその代表例ですね。またこの機能を使って、androidアプリの開発もJavaを使うと可能になります。このandroidアプリ開発ができるというのは、Javaの他のプログラミング言語との大きな差別化要因でしょう。

高いセキュリティレベル

Javaでは決済システムや、企業のシステムの開発の際にもよく使用されます。このようなシステムには機密情報が満載なので、当然セキュリティ対策も必要となります。Javaではこういった情報の保護に対して対策を取っているので、ハッキングもされにくく、セキュリティレベルも高いと言われています。

 

Javaの主な特徴は以上の通りですが、では、Javaのスキルはどのような場面で求められるのかを以下で見て行きたいと思います。

programmer

webサイト開発

webサイトのプログラムも、Javaで指示することができます。特徴でも言及した通り、小規模なwebサイトであればPHPでも同じようなことができますが、本格的なサイト構築の場合はJavaを使用する方が良いでしょう。

また、PHPは習得が比較的簡単な分、PHPプログラマは多いです。Javaが書ける、というだけでも大きな差別化要因でしょう。

アプリ開発

Javaを使うと、androidアプリの開発ができます。スマホの普及によってアプリ市場が拡大を見せる今、Javaプログラマは多くのアプリ開発会社から求められています。

特に、ゲームアプリのような動的コンテンツが必要となるアプリ開発においてはJavaは必須です。

DeNAやGREE、サイバーエージェントといったゲームアプリを開発している企業にとって、Javaプログラマは重宝されるでしょう。

IT起業家

IT領域で起業お考えている人にとっても、Javaは持っておいた方が良いスキルです。webサービスやアプリを提供するIT企業の場合、ソフトウェア会社に開発を外注するパターンが考えられますが、この時もJavaが役に立ちます。

というもの、Javaを知っていると自分でプログラムの要件を指定することができたり、保守運用ができたりと、あらゆる場面でコスト削減ができるようになるからです。

動作性、汎用性、セキュリティレベルといった様々な特徴と、その環境を活かした多様なフィールドで活躍するプログラミング言語がJavaです。ゆえにJavaプログラマへの需要が高く、人気のある言語なのです。

 

※インドIT留学では、Java初心者から上級者まで、幅広いニーズに応えるコースをご用意しております。コースの概要はこちらからご確認ください。