「プログラミングをしたいけど、WindowsとMacどっちを買えばいいの。」と悩んでいるあなた、安心して下さい。もしこれからパソコンを購入するのであればMac一択です。私も15年間Windowsを使ってから3年前にMacに乗り換えましたが、こんなにMacが便利ならもっと早く乗り換えておくべきだったと思います。何故プログラミングにはMacがオススメされるのでしょうか。今回はプログラミングをする際のMacのメリットを紹介します。

プログラミングをする際のMacのメリット

Linuxが提供する最新技術が簡単にMacに移植できる

MacのOSはUNIXというOSをベースに作られているため、UNIXのソフトを移植することが出来ます。

今最も勢いのあるLinuxは、世界中のボランティアが協力して開発を続けているOSで、ソースコードが全てネット上に公開されており、それらを誰でも自由に改変することが出来ます。Linuxで開発されたものは携帯電話や家電などにも使われていることが多く、世界の最新技術はLinux発信と言っても過言ではありません。そんなLinuxとMacのOSのベースが両方共UNIXのため、Linuxで出た最新技術をMacでも簡単に使うことが出来ます。

さらにMacのOSがUNIXベースであるため、MacにはPHPやRubyを開発する環境が元から備わっています。これに対し、Windowsでこれらの環境を構築しようとするとだいぶ面倒です。

初心者向けのPHPに関することとRubyの学習サイトに関する記事については次の記事を参考にして下さい。

参考記事
【初心者必見】PHPだけでサイトは作れない!?
初心者プログラマー成長ブログーPHP基礎の意外なコード
PHPの基礎!変数とecho
PHP学習者必須!超入門編!
Rubyを学べるプログラミング学習サイト5選

技術系の本やサイトはMacを使っている前提の物が多い

最近出ている技術系の本やサイトは「環境:Mac OS」と書かれている場合が圧倒的に多いです。あまり知識の無い方がWindowsに無理やり合わせて環境を整えようとすることはかなり難しいかと思います。初心者の方がMacを使っていれば、本やサイトに書かれたコマンドをそのまま打ち込むだけで良いので、プログラミングの導入としてはMacの方がWindowsよりもとっつきやすいです。

Macでコーディング

MacにWindowsをインストールすることができる

実はMacにWindowsをインストールすることが出来ます。つまり、WindowsのソフトもMacを使って動かすことが可能です。プログラミングをするときはMacを使うけど、仕事や勉強でWindows専用のソフトを使わなければいけないという人はMacにWindowsをインストールしておけば、PCを2台持つ必要もなくなります。

逆にWindowsにMacのOSを積むことは出来ないので、使おうと思えば両方のOSを使うことが出来るMacのほうが良いのではないでしょうか。

Mac公式のアプリ作成ツールが使い易すぎる。

プログラミングにMacが向いている最大の理由はMacだとXcodeが使えることです。Xcodeは簡単に言えばApple公認の、アプリを作るために必須のツールです。Macやiphoneなどのアプリを作るのに殆どの人が利用しています。

Xcodeのメリットは次の通りです。
・コードの補完や検索が早くコーディングし易いこと
・画面の分割機能があること
・コードを1行も知らない初心者でもアプリが作れてしまうほど、直感的に操作ができること

とにかくこのツールがプログラミング初心者にも使いやすく、直感的にアプリが作れてしまうため、私はMacをオススメしています。

Macbook

まとめ

プログラミ言語を学ぶ際のMacのメリットについて紹介しました。Macは操作法やUIがWindowsと全く異なるため、乗り換えた初めのころは戸惑うかもしれませんが、アプリを製作をする上でXcodeは直感的でとても使いやすいツールです。また、Linuxが開発し続けている膨大な資産をMacでも使うことが出来ます。仕事や大学の勉強でWindows専用のソフトを使っている人が多いかと思いますが、MacはWindowsもインストールすることができるため、その点も全く問題ありません。

MacのデメリットはWindowsに比べてお金が高いことくらいだと私は思います。そこは少し我慢をして、高いお金を払って快適なプログラミングライフを送って下さい。