こんにちわ!IT留学ポータルの河村健司です!

インターネットが普及し、今までは難しかったいろいろなことも簡単にできるようになりました。その中でもインターネットでものを買うというサービスは私たちの生活をさらに便利にし、今ではインターネットのほうがすぐにほしいものが見つけることができます。

インターネットの利用が当たり前になって、一般の人でもできることがどんどん広がっています。そんな中で画期的なサービスというと自分のネットショップを開けるサービスがあります。

今回の記事ではそのことについてもっと詳しく見ていきましょう。

ネットショップを開くって??

pexels-photo-26549

今回紹介するサービスは『BASE』です。おそらく今あるネットショップを個人で開ける中では最も人気があるサービスでしょう。その人気の秘密はやはり簡単かつ無料でクオリティーの高いネットショップが開ける点にあります。

その前にネットショップを開くとはいったいどうゆことでしょう。

まずはネットを使わないで自分のお店を開くことを想像してみてください。どうでしょうか?まずはお店を立てる所から始まりいきなり多額の資金が必要になります。その次にレジや棚など物を売るための様々なものが必要で、お店を開いたとしてもお店を回すためにアルバイトも雇わなくてはいけなくなるかもしれません。

少し想像しただけでも自分のお店を開くことが非常に難しいことがわかったかと思います。そこでネットショップの登場です!BASEなどのサービスを使えば無料で簡単にお店を作ることができます。

まずは登録しよう!

base

まずはBASEのホームページにいって登録してみましょう!登録も他のアプリやサイトなんら変わりなくとても簡単です。登録する際にURLドメインを入力する欄があります。この2つはネットショップを運営する際に非常に重要なものになるので慎重に決めていきましょう。

①URL

まずはURLのほうから説明します。URLとはブラウザの上部に表示されるアドレスバーに表示されるものです。細かく説明すると難しくなってしまうので簡単に説明するとURL = ショップの名前です!なので自分のネットショップを始める前にまずはお店の名前を決めておきましょう。

②ドメイン

ドメインという単語をきいたことがありますが、ほとんどの方がドメインとはいったいなんなんだろうと思っているかもしれません。こちらも簡単は説明すると、私たちに住所があるように、インターネット上にもそのページの住所が必要です。なのでドメインを決める際も自分のショップに関連したものにするといいでしょう。

自分のページを作ろう!

223-1

ネットショップを開く際の一番の問題はやはりサイトの構築です。しかしBASEでネットショップを開けばシステムはもちろんサイトのページから製作まで誰でも簡単に作ることができます。支払いもインターネット決済が可能で方法もクレジットやコンビニ決済など多くの手段が用意されています。

サイトのデザインはテンプレートというもともとデザインされたものに商品の画像などを追加するだけです。もしHTMLやCSSの知識があればサイトデザインのカスタマイズも可能です。

売る商品を準備!

designer-typography-table-shop
URLやドメインを登録しておしゃれなページも完成しました!!

ではさっそく…と言いたいところですが、肝心の商品がありません。なんの商品を決めてからネットショップを開く人もいると思いますが、売る商品は考えてないけどとにかくネットショップを始めたい!という人も中にはいると思います。

そんな方もまったく心配なく売れる商品を見つけることができます。BASEではそんな方達のために個人でも卸価格で仕入れることができるアプリなどがございます!国内最大級の商品の仕入れサイト「DeNA BtoBマーケット」や雑貨専門の商品仕入れサイト「ザッカネット」などなど、他にもいろいろなところから仕入れることができます。

興味がある方はぜひ気軽にBASEを始めてみてはいかがでしょうか?