こんにちわ!IT留学ポータルの河村健司です。今回はプログラミング言語のPHPについて記事を書いていきたいと思います。この記事を読んでいる方はおそらく初心者の方が多いでしょう。プログラミングを始める前に言語び、PHPという言語ではなにができるのか、そしてもしかしたら他の記事などでは動的なWEBさいとを作れたり、TwitterなどのSNSなども制作可能だという記事を多く見られたかと思います。しかし実際に作ろうとするとPHPだけでサイトを作ることはできません。そのことについて少しお話ししましょう。

PHPだけでは意味がない

PHPについての記事を読んでいるということはおそらくみなさんはすでにHTML・CSSは勉強済みかと思います。HTMLとCSSで作ることのできるサイトは静的なサイトです。そしてそれらにPHPを組み込むことで動的なサイトを作ることができます。例でいうと掲示板やSNSです。掲示板で誰かが書き込みをしたり、Titterでツイートするとどんどんタイムライン形式で更新され、常に内容は変わっていきます。動的なサイトとはつまりデータベースと接続して初めて意味を持つのです。そのデータベースから様々な情報を引き出してページに表示させるためにPHPというサーバー上のプログラムを使います。

MySQLも学ばなくてはいけない

PHPがデータベースと連携しなければ意味がないということはわかったと思います。しかしそのデータベースを扱うためにもやはりMySQLというものが必要になります。MySQLとはデータベースを扱う際に必要になります。HTMLとCSS、PHPが完璧だとしてもデータベースを扱うMySQLがまったくわからないようでは意味がありません。PHPを勉強しようとしている方はそのようなことも頭に入れておけばスムーズに学習が進むと思います。