こんにちは。インターン生の高田です。

海外留学を目指している方にとっては、このプログラムを活用しない訳にはいきません。文部科学省の主導で行われている“トビタテ留学JAPAN”のことです。先日第一期生の選考が行われ、300人の“日本代表”が選ばれました。

 

トビタテ留学JAPANとは?

Ryugaku-JAPAN_Logojpg

 

 

2020年のオリンピックの開催地に東京が選出されたのは皆さんの記憶に新しいことかと思います。日本国民として、自国でオリンピックが開催されるのはとても興奮しますね!アスリートをはじめ、世界中の人が東京にやってきます。この6年後に迫ったオリンピックに向け、日本政府も未来を担うグローバル人材育成のために本格始動しています。その一つが、若者の海外留学支援プログラム“トビタテ留学JAPAN”です。

このプログラムでは、海外で活躍したい若者に向けて、費用をはじめ留学に関する様々な支援が行われます。これによって、若者の留学に対する壁が一気に低くなりました。

では、トビタテ留学JAPANの何が良いのか。このプログラムが、他の留学支援よりもとにかくイケてる点をまとめてみました。

 

1.自分で設計したプログラムを支援してくれる

留学生

従来の留学のプログラムといえば、支援側から用意されたプログラムに参加することで、一部支援金を貰う、という形が多くありました。大学生の留学支援を例にとると、提携している大学間の交換留学生のみが対象であったり、指定の留学プログラム参加者に渡航費の一部を支給といった感じです。しかしトビタテ留学JAPANでは、大学間の交換留学はもちろん、留学エージェントを通しての私費留学、短期留学、さらには海外インターンシップやボランティア、ワーキングホリデーの人も対象になります。

留学だけにとどまらない、あらゆる若者の海外進出意欲を支援するプログラムと言えますね。

 

2.名だたる大手企業がこのプログラムを支援

トビタテ留学JAPAN

トビタテ留学JAPANには、インフラ、商社、メーカーなど日本の名だたる大企業79社からの協賛・支援を受けており、まさに国家一大プロジェクトという感じです。プログラムのサポーターには、経済・教育・スポーツ界など各界の著名人が名前を連ね、若者に向けたメッセージが掲載されています。またこのメッセージも、世界を相手に挑戦してきた方々の言葉なだけあって心に響くものばかりです。

“学生が、学生である内に世界に飛び出さない理由はない”

そんな思いがサポーターの方々から聞こえてきそうです!

 

3.これからの日本を担う人材との繋がり

チーム 画像

何より大きいのが、これから世界各地へ飛び立つ同年代との繋がりを、プロジェクトで得ることができることでしょう!6倍強の狭き門を潜り抜けた日本代表は、他では出会うことのできない貴重な人材ばかりです。そして、日本の未来を託された若者たちです。素晴らしい仲間を創り、切磋琢磨し合うことは、何より刺激的なことだと思います。

 

どうですか?“トビタテ留学JAPAN”かなりイケてると思いませんか?私自身、このプログラムを知った時にはもうすでに海外にいたのですが、その時は“日本が本気でグローバル人材の育成に取り組み始めたな!”という嬉しさと、“日本代表って、俺もなりたい!!”という悔しさが混ざったような感情になりました。このチャンスを掴めるのは今しかない、と。

最後に、“トビタテ留学JAPAN”のプロジェクトマネジャー、船橋 力さんの留学生に向けた言葉がグッときたので紹介します。

 

『日本の未来を、一緒に創っていこう。

知らない世界を知ることほど、自分を知る機会はない。

そして、視野を広め、視座を高める学びと成長の機会として、今こそ、留学に挑戦してほしい。』

 

若者が人生を変えられる最高のプロジェクトだと思います。

第二期の募集は、2014年10月~の予定です。