年齢 22歳
所属 九州工業大学
留学内容 Webサービス開発コース

留学をしようと思ったきっかけ

私はもともと語学留学しようと思っていて色んな留学先を調べていました。ただ、留学先を調べる中でせっかくお金を払って行くなら英語だけ学ぶのでは意味ないって思ったんです。英語+αのスキルを身につけようと考え始めました。そこで頭に浮かんだのがプログラミングです。実は私は大学で情報工学部に所属しており、周囲にもコードを書ける人が多かったのでプログラミングへの関心は元々高かったんです。それを決定づけたのは3年の時にアプリ開発運用サークルに入ったことでした。サークルメンバーはほとんどが自分でwebサービスやアプリを開発できるスキルがあり、エンジニアに対して憧れがありました。

将来は医療機器を開発したいという夢から情報工学に入ったのですが、その時にハードとソフト両方の知識とスキルが必要になると思いました。全てはプログラミングから始まる、そう思ってIT留学を決意しました。

プログラミング留学を探している内にインドIT留学を見つけました。インドIT留学では英語、プログラミングのスキルが身につけられ、生活環境が全く違うインドで自分がどこまでやれるのか挑戦できるのが魅力で選びました。この英語+プログラミング+異文化体験が一気にできるインドIT留学はワクワク感しかありませんでした。

下井倉さん

インドIT留学中の生活は

英語へのストレスを解消した語学留学

インドのIT留学はエンジニア講師が英語で授業をするので、英語でのコミュニケーションが必須でした。そのため、まず英語を不自由なく使えるようになろうと2ヶ月間英語からITにうつるプランを立てました。結論から言うと2ヶ月で英語へのストレスはなくなり、自分から外国人に気軽に話しかけられるようになりました。語学留学する前の英語力はTOEIC500点程度、日本でも特に勉強していなかったので、最初はかなり苦労しましたね。ただ、インド人とのパーティを開催して100人近いインド人を集めたり、そこで出会ったインド人と旅行に行ったりして親友と呼べる友達もできました。

全てはプログラミングから始まるIT留学

インドでのIT留学は3ヶ月間で学んだプログラミング言語はPHPです。3ヶ月間のアウトプットはECサイトを2つとSNSサービスを開発しました。どちらもフロントエンドのセンスはまだまだ向上中ですが、バックエンドの機能的な面はほとんど書けるようになりました。

このSNSサービスはログイン・ログアウトはもちろん、友達申請機能、チャット機能、投稿に対しての返信やいいね!機能、ユーザーのオンライン状況確認などFacebookのようなアウトプットが出せました。これが3ヶ月の成果です。私は全くの未経験からのスタートだったので、一生懸命勉強すればサービス開発は可能だと思います。

IT留学に来ている人は大学生が中心でしたが、みんな高学歴な上、成長意欲が半端なく高くて切磋琢磨できる環境でした。ここまで意識の高いコミュニティの中にはいたことがなかったので、本当に毎日刺激的でした。その環境もあってか土日は15時間くらいコードを書いていましたね。人生で一番勉強した期間だったかもしれないです。

下井倉さん

全部で3ヶ月いたと先述しましたが、3ヶ月の成長の流れを簡単にまとめました。1ヶ月目はインプット中心で、htmlやcssといったフロントエンドからPHP、SQLなどを学びこの期間でPHPによって作れるものは大体作れるようになりました。2ヶ月目はデモサイトを作りながらスキルをブラッシュアップしていきました。ここではエラーとの対決でしたね。コーディングを覚えれば覚えるほどエラーがたくさん出てきて、最初はインド人先生と一緒に解決して彼らのエラー解決方法を見て学びました。自分ひとりで何でも出来るようになってからはエラー対処が本当に楽しくなりました。

3ヶ月目は先で紹介したSNSサービス開発を始めました。それと同時にアンドロイドアプリコースにも参加させてもらいアプリ開発もざっくり学ぶことができました。1ヶ月でしたが、簡単なアプリは作れるようになりましたし、プログラミングの幅が一気に広がったと思います。

IT留学卒業後と将来は

将来は自分のサービスで起業したいと思っています。そのためにプログラミングスキルを高めるのはもちろんですが、もっとビジネススキルも磨きたいと思います。IT留学中は毎週行われるセミナーで、本当にタメになる知識をたくさん得ることができました。逆に今まで知らないことが多すぎて、もっと勉強しなければという焦りも生まれました。この焦りがあるからこそ日本に帰ってからも突っ走れそうな気がします。

下井倉さんとインド人講師

IT留学を迷っている方にアドバイス

インドIT留学はとにかく意識の高い人が集まります。目標ある人や夢がある人がそれぞれの未来に向かって全力で走っている環境があります。あとはその環境を生かすかどうかはその人次第。生活でのトラブルも起きたりしますが、それも含めて成長途中のインドです。人生の転換期を自分で作り出したい人は是非行動してみてください。期待を裏切らない体験がここにはあります。


資料請求/留学相談はこちら!