こんにちわ!IT留学ポータルの河村です!今回は英語に焦点を当てて記事を書いていきたいと思います。最近街を歩いていても、以前より外国人をみかけることが多くなりました。どちらかというとアジアからの方が多かったりもしますが、色々な国からの旅行者がいます。そんなこともあって東京の渋谷や浅草周辺を歩いていると外国人に道を聞かれるなんてこともすくなくありません。そんな時にみなさんは英語で道案内などをできるでしょうか?少し前までグローバルという言葉も多く聞かれ、語学留学をしている人も多くいます。今回は留学をした人も、していない人にも是非やってほしい英語の勉強法をご紹介したいと思います。

文法・読解・暗記だけじゃ意味がない

まず初めにみなさんが英語を勉強する際になにを勉強しているか確認していきましょう。おそらく空き時間に英単語を暗記し、机では基本の文法と長文読解などで、ある程度英語力がある人は英語字幕や英語音声で映画などを見ているのではないでしょうか。実際に留学などに行くと実にいろいろな勉強法を試します。しかし海外にいるのであれば遊びに行くのが一番でしょう。けれども日本にいる時に英語を勉強してかつ力をつけたいとなるとやはり知識量などを重視でみなさん勉強していくと思います。

では果たしてその勉強方法はあっているのでしょうか。結論からいうと間違っていません。むしろ単語暗記も長文読解も文法も必要不可欠です。しかしそこで終わってしまうのは非常にもったないことです。ではそんなことも含めてやっと勉強方法をご紹介したいと思います。

4段階の勉強法

まず英単語は同時に勉強するのではなく、最初に基本のものは全部覚えましょう。そうしないと文法や読解をやってても進みが遅くなり効率も悪くまず理解できないことが多いでしょう。基本単語を全部知っているからこその単語推測です。それと同じように文法も1つの文法の参考書を繰り返しましょう。語彙やイディオムは同時にやらず後にまわして大丈夫です。その次に長文読解です。問題をとき復習をして、一箇所でもわからない点はなくしましょう。では最後に今回紹介したかった勉強法です。それは音読です。精読した英文を10回ほど音読します。英語を日本語に訳さなくても入ってくるぐらいだんだんスピードを上げながら音読します。これにより今までやったすべての勉強をフルで活用しアウトプットします。そして毎日欠かさずすることが重要です。

長くなりましたが最近では実にいろいろな英語勉強法や留学方法があります。英語を学びながら仕事をしたり、プログラミングを勉強しながら英語を学べるIT留学など、いろいろな選択肢がありますので興味があるものをぜひやってみてください。