英語とITは今後の必須スキル

近年、英語とITの重要性はあらゆるところで言われるようになりました。日本は今後、高齢化や労働人口の減少で外国人が日本で働くようになり、また、日本人も海外で稼がなくてはならない時代がすぐそこまで来ています。本記事ではそんな時代に備えて、英語を身につけたいと考えている方に映画を使った英語学習方法をご紹介します。

映画での英語学習は超効率的

英語を話せるようになりたい!と思って英語教材を買ってはみたものの続かなかった、という経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。英語が流暢に話せる人には、①海外に長く住んでいて自然と身に付いた、②英語を使う仕事をしていた、の2タイプがあります。このように、英語を強制的に学ばなければならない状況になった時、学習を継続させることができるようです。

映画で学ぶ英会話

では、そのような状況ではない人は、どうやって英語を学べば良いのか。

困った

 

最も簡単に続けられて、なおかつ最大の効果が期待できるのが【映画で学ぶ英会話】です。
私たちが学校で勉強してきた英語は、WritingとReadingに特化した教育であり、日本人はSpeakingとListeningが苦手だから英語ができないと言われます。この、映画から学ぶ英会話は、英語圏の国で普段使われるような表現が学べてとても実践的です。日本人の苦手なListeningを克服するにはぴったりの教材ですね!しかも、映画を見ているだけなので、テキストを使った学習よりも簡単に継続できますね。筆者も映画を使っての英語学習を続けています。

映画を活用した英語学習方法

ここでは、筆者が実践している映画の英語学習法をご紹介します。この学習法は、Listeningだけでなく、Speakingも向上できちゃうという欲張りな学習法です。

1回目:映画を英語字幕付きで鑑賞

まずはわからなくてもいいので、英語字幕で鑑賞してみてください。役者の演技、音楽などでなんとなくストーリーはつかめると思います。そして、気になった表現があれば映画をストップしてメモしてください。映画を見終わったら、日本語サイトでストーリーを把握して、どれくらい理解していたかを確認しましょう!自分がどれくらいの英語力を持っているかを確認するのが1回目の狙いです。

2回目:映画を日本語字幕で鑑賞

ストーリーを理解したうえで、次は日本語字幕付きで鑑賞します。ここでは映画を楽しんで下さい!英語を聞きながら、日本語字幕で理解する、というのがこの2回目の狙いです。また、ここでも「日本語字幕ではこう書いてあるけど、英語ではなんて言っているんだろう」と感じたらすぐさま映画をストップさせて、英語字幕に切り替えてください。1回目と同様、表現をメモします。

3回目:映画を英語字幕で鑑賞

3回目の鑑賞の狙いは、英語でストーリーを理解することです。すでに2回鑑賞しているのでだいたいの流れは把握できるかとは思いますが、英語のみではどれくらい理解できたかを確認します。改めて気になる表現があったら、メモです。4回目からメモが活きてきます。

4回目以降:日本語字幕と英語字幕を交互に鑑賞

ここからは英語字幕と日本語字幕を交互に鑑賞します。ここで、3回目までにとっておいたメモを取り出します。このメモの部分だけをシャドーイングしてください。上手く発音できなかったな、と感じたら巻き戻してもう一回です!こうやって、英語を使うシーンとリンクさせて表現を記憶させていきます。ストーリーがほぼ頭に入ったら、最後は字幕なしで鑑賞してみましょう!
この学習法は1つの映画を何回も鑑賞する方法なので、何本も映画を購入する必要もなく経済的です。むしろ数多くの映画を見るより、質の良い映画を徹底的に見る方が効果的です。

英語学習に効果的な映画・ドラマ10選

では、そんな英語学習に効果的な映画を紹介したいと思います。

1.FRIENDS アメリカ 1994-2004

FRIENDSこれはもはや英語学習用に制作されたドラマなのでは?と思うくらい重要会話表現が詰まっています!男女6人の生活が描かれてた、ザ・アメリカンコメディドラマです.

2.SEX AND THE CITY

 アメリカ 1998-2004

セックス&ザシティ

こちらも定番の、英語学習にぴったり映画、ドラマです。日常から旅先でのフレーズ、自分を主張するときの言い回しなど、幅広く学ぶことができます。

3.フルハウス アメリカ 1987-1995

フルハウス

定番3本目はこちらもコメディ、フルハウスです。欧米の笑いのタイミング、言い回し、さらに子供が話す英語のリスニングにもなる万能の作品です。

4.アナと雪の女王 アメリカ 2013

アナと雪の女王

ディズニー映画ははっきりした英語を話してくれるので、初めての方でもかなり聞き取りやすいです!アナと雪の女王は英語学習用としても使える人気作ですね。 

5.Two Weeks Notice アメリカ 2002

two weeks notice

1人の女性弁護士と、不動産会社社長の関係を描いた映画です。主人公が演じるビジネスシーン(面接など)があり、有効な表現が多くあります。

6.12 angry men アメリカ 1957

12 angry men

かなり古い映画なので昔に使われていた英語もありますが、交渉事のシーンを学ぶには持ってこいの作品です。ビジネス英語を身に付けたい場合は特にお勧めです。

7.TERMINAL アメリカ 2004

Terminal

この映画の(英語学習における)見所といえば主人公であるトム・ハンクスの英語の上達でしょう!最初は片言ですが、だんだんスムーズに会話ができるようになっていきます。英語を学び始めた方は、自分と重ね合わせるように鑑賞してみてください!

8.そんな彼なら捨てちゃえば  アメリカ 2009

そんな彼なら捨てちゃえば

ラブコメディ映画は、ホームドラマと並び日常会話表現の宝庫です!参考書には載っていないような、ちょっとお洒落な言い回しがたくさん詰まっています。

9.ハリーポッター アメリカ 2001-2011

ハリーポッター

ハリーポッターファンの方なら、映画全8シリーズから学ぶ英会話がおすすめです。中級者向けの映画ですが、やはり映画そのもののストーリーが好きだと長く続けることができますね!

10.ローマの休日 アメリカ 1953

ローマの休日

言わずと知れた名作映画です。上記にあるような恋愛ものの映画には、登場人物の繊細な心情が言葉で表されるので、ボキャブラリーもかなり豊富です。

番外編.three idiots インド 2009

きっとうまくいく

インド映画史上最高作品といわれるこの作品は、原作では基本ヒンディー語が使われています。しかし、時折インド訛りの英語での会話シーンも入っています。インドに行く予定の方は、ご覧になればインドとはどんな国か、インド英語とはいかほどなのかがこの映画を見ればわかると思います。

楽しみながらの学習は続けやすいです。座学のがちがちの勉強は苦手という方はまず映画から始められてはいかがでしょうか?重要なのは、いろんな映画をまんべんなく鑑賞するのではなく、何本かの映画を何回も鑑賞することです!こうすることで、英語の言い回し、表現が自分で扱えるものになります。皆さんの英語学習の一歩になることを願っています!