success

こんにちは!インターン生の高田です。

起業を目指す人にとって、“どんなサービス”を“どのマーケット”に“どのタイミング”で出すかというのは非常に重要です。

これまでに成功した起業家の方も、この3つから事業の戦略を作っています。

例えば、海外起業家として有名な金城拓真氏。前回のブログ金城氏が展開するアフリカへの中古車輸出事業を紹介しました。これはまさに、“中古車輸出事業”を、“アフリカ”で“2007~2008年ごろ”に出すという選択が成功に繋がりました。もし一つでも選択を間違えていれば、成功はなかったのかもしれません。

特に“どんなサービス”を出すかは最重要かつ難しいポイントですが、普通に生活しているだけでは事業アイデアは浮かんできません。しかし、起業先進国のアメリカを見ると、事業のトレンドが見えてきます。アメリカで流行したサービスがその他先進国(ヨーロッパ、日本)に広まり、その後発展中の国(中国やインド)に広まる傾向があります。※Facebookやamazon、Airbnbなど。

『アメリカの流行を見れば、これからの世界の流れが分かる』

アメリカでのサービスの流れ確認しておくのは、どこでサービスを出すにしても大切です。

今回は、アメリカ・カリフォルニアのシリコンバレーのベンチャーキャピタル『Y Combinator』の投資先から、現在アメリカで注目されているサービスを見てみたいと思います。

Y combinatorが出資する新進気鋭な企業とは?

VC

 Y combinatorについてまず説明したいと思います。

起業家の聖地、シリコンバレーに本社を置く企業で、主にスタートアップに対して投資を行っています。シード・アーリーステージの企業を支援し、お金だけでなく起業家ネットワークや起業ノウハウを提供しており、シリコンバレーではY combinatorから出資を受けることが一種のステータスとなっています。

出資した企業の中には、DropboxHerokuなど世界的に有名になったサービスもあります。

 そんなY combinatorが2014年に出資した企業をタイプ別に見ると、次の3タイプのサービスが複数ありました。

・コミュニティサービス

・プログラミング教育

・企業データ管理

では、 それぞれのサービスについて具体的に見てみましょう。

コミュニティサービス

 

様々な領域の専門知識を持つソフトウェアエンジニアのネットワークを提供するサービスです。
専門家にちょっと尋ねてみたいときに使えます。
 
ライターのネットワークを提するサービス。ライターの評価や成果物も見ることができます。
支払いに関してはビットコインにも対応。
 
Style Lend
Style Lend

 女性のドレスを貸し借りできるサービス。
サンフランシスコでドレスの試着会なども行われています。

プログラミング教育

 

CodeNow | Creating the Developers of the FutureCodeNow | Creating the Developers of the Future
CodeNow | Creating the Developers of the FutureCodeNow | Creating the Developers of the Future

若者へのプログラミング教育を提供するサービス。非営利団体が運営しています。
このプロジェクトの卒業生が、プログラミングの習得を推進するオバマ大統領から表彰も受けています。
 
codecompbat
RPGゲーム感覚でプログラミングを勉強出来るサービス。
JavascriptやPythonなどを学習できます。 

企業データ管理

 

Ambition | Office Productivity with a Purpose
Ambition | Office Productivity with a Purpose

 Ambitionは組織内での営業データを分析し最適化するサービスを提供しています。
CRM強化にも繋がる便利なツールです。
 
Framed Data
Framed Data

 こちらも企業データを分析してくれるツールです。
誰もがデータサイエンティストになれるというほど、データ分かりやすくまとめてくれます。
 
 42
ビッグデータを解析してくれるサービス。
企業が持つ大量のデータから最適な事業の展開を提案し、収益の最適化を行います。
 

“アメリカを倣う”という世界の構図

Facebook

ご紹介したサービスは、プロの投資家が資金回収の見込みがあると踏んだものばかりです。
まだほとんどのサービスが日本語版に対応していませんが、1~2年後には日本版もリリースされているかもしれません。
 
アメリカのFacebookを倣ったmixiは日本で一時期爆発的な人気となりました。(Facebookの日本語版が出る前にmixiはマーケットを獲得しました。)
良いアイデアを早い段階で見つけ、参考にすることは、これから起業したいという人にとって大事なスキルの一つです。
 
また、日本だと既存競合がかなり多いですが、タイやインドネシアなどの東南アジアや、中国インドといった巨大市場にはチャンスがまだまだ転がっています。似たようなサービスでもこれから始めてヒットする可能性もあるのです。
 
世界最先端の起業トレンドを探るためにも、今後のベンチャーキャピタルの動きに目が離せません。