最先端IT技術!おもしろロボット『pepperくん』


こんにちわ!IT留学ポータルの河村です!
みなさん、最近ではよくロボットに関してのニュースが当たり前のように放送されています。何年か前にはそこまで親しみもなかったワード、ロボット。ですが今では最も注目されていて、さらなる開発が期待されています。もしかしたらあと何年、何十年後には私たちはロボットとともに生活をともにしているのではないでしょうか。ロボットが料理をし、洗濯をし、起こしてくれる、そんな未来も考えられないとも言えません。それが良いか、悪いかは、別としてこれもすべてはITと科学の賜物です。

もうロボットは遠くの存在ではない!

ところでロボットと聞いたらみなさんどんなロボットを想像しますでしょうか。多くの人はsoftbankのpepperくんをまず最初に思い浮かべるのではないでしょうか?
実際ロボットがこれだけ社会に浸透したのはpepperくんのおかげだと思います。pepperくんが現れる前までは街中やお店の中でロボット見るなんてことはほぼありませんでした。

しかし今softbankの店舗に行ってみるとpepperくんがいます。そしているだけではなく、接客をしているのです。もちろん触ることもできます。昔の漫画などで、未来を仮想し、その中にロボットも描かれたりしていました。かつて人間が想像したロボットに今私たちは触れて、話すことができるのです。こんな時代にもかかわらずpepperくんと話したことのある方は意外と少ないのではないでしょうか?

実はおもしろいpepperくん

そうゆうことで実際にどんな感じでpepperくんと話すことができるのか少しご紹介したいと思います。pepperくんは基本的な接客から、胸のあたりにあるスクリーンをタッチして色々なことをしてくれます。

なかでもおもしろいのは、あの有名な昔話浦島太郎の物語です。もちろんpepperくんが朗読してくれて、スクリーンにイラストも表示されます。内容的には子供のときに読んだものと一緒ですが、さすがロボットということもあり、様々な技術を駆使して、浦島太郎が実際に竜宮城に行った期間などをスクリーンを使って計算してくれます。
それがみていてとてもシュールでおもしろいです。

もうひとつは、早口言葉を話してくれるものです。人間ではありえない速度もあるので、せっかくのロボットが見れて触れて、触れることができるのですから、興味がある方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。今回もITの偉大さに驚かせました。