世界中のWeb開発で最も多く使われている「PHP」というプログラミング言語について、これから何のプログラミング言語を勉強しようか迷っているような初心者向けの記事です。

PHPとは?

PHPとはWeb開発に特化した言語で、それほど難しくなく、取り組みやすいと言われています。また解説サイトや、書籍も多くでているので、初心者であっても学ぶ環境は整いやすいでしょう。

PHPの仕組み

まず、PHPってなんだろう?ということを知るために、PHPの仕組みを理解する必要があります。PHPはサーバーサイドの言語であり、動的なWebページを作成するための機能が多く備えられています。このサーバーにクライアントからの「リクエストを送り、それに対するデータを返す」役割をするのがPHPのようなサーバーサイドの言語です。各ユーザーのリクエストに合うデータを用意し、それに応じたデータをクライアントに返します。それに対して、HTML/CSSやJavascriptはクライアントサイドの言語です。PHPがサーバーとのデータの伝達を担っているのに対して、クライアントサイドの言語は画面上にデータを表示する役割を果たします。これが、PHPを始めとしたサーバーサイドの言語と、HTML/CSSやJavaScriptといったクライアントサイドの言語の大きな違いです。

PHPでできること

PHPでできる代表的なアプリケーションを紹介します。
・ブログの作成
ブログを作成する上で有名なWordPressというサービスはPHPによって書かれています。PHPを習得することで、WordPress初心者ではなしえない領域までサイトの開発ができるようになります。

・ECサイト(ショッピングサイト 例:アマゾン、楽天市場)の作成
会員情報や商品管理、決済処理など、お店側がWebサービスを管理するうえで必要な機能をつくれます。もちろん、クライアントから見えるページとお店側からしか見れないページを分けることができます。

・SNSの作成
FacebookやTwitter,mixiのようなSNSをつくれます。投稿や友達申請などの機能ももちろんつくることができます。
・ログイン・ログアウト機能の作成
会員と非会員とに表示されるページを分けたいサービスを作りたい。このような状況はWebサービスを開発していくなかでよくあります。

PHPの学習方法

PHPを学習する方法として以下の3つが上げられます。

日本のプログラミングスクールで勉強

日本にはPHPを学習するためのプログラミングスクールが数多く存在します。学習者の今のプログラミングレベルや、到達したいレベル、スクールのコースなどによって料金は幅広いです。実際に学校に行き、先生に教えてもらうプログラミングスクールの場合では、HTML/CSS/JavaScriptなどから勉強したい初心者の方で、だいたいどの学校も30万ほどはかかります。

独学で勉強

学校に行かずとも、家でオンライン有料講座コースを使っったり、全くお金を払わずに独学する方法もあります。これらの方法は格段に費用を抑えて学べますが、わからないところをすぐに質問できないなどのデメリットが伴うため、学習レベルの深さが保証されません。

留学で勉強

留学して勉強する方法があります。アメリカやフィリピン、インドのような国々が代表的にあげられます。プログラミングを勉強するだけでなく、英語も一緒に勉強しようというものです。グローバル化が進む中で、社内公用語を英語にしていく会社も多く、英語もプログラミングもこれからの時代に必要不可欠なスキルです。費用はフィリピン、インドにような物価の安い国々の場合、日本のプログラミングスクールと大きく変わらないこともメリットの一つです。

PHPエンジニアの仕事

PHPは日本でのみならず、全世界のWebサイトの80%以上で使用されている、Webエンジニアにとっては必要不可欠な技術といっても過言ではなく、また、求人数もJavaに続いて、国内2位となっています。年収700万円以上の求人数は求人数トップのJavaの約2倍の5.9%となり、年収を上げやすい言語であり、案件単価を上げやすい言語として成長してきています。

PHPエンジニアの将来性

PHPエンジニアの需要は年々高まっており、求人・案件数と年収はともに上昇傾向にあります。世界で最も使われているCMSであるWordPressはPHP製なので、今後とも大きな需要があり続けることは明白です。

PHPエンジニアの年収

気になるphpエンジニアの平均年収ですが、プログラミング言語別の平均年収を調査しているサイトの情報によると、538万円となっています。平均年収こそ、低めですが、ご紹介したように、全世界のWebサイト開発の主要言語であるPHPであり、PHPエンジニアの需要も高まっているので、安定して仕事ができるプログラミング言語である長所があります。

まとめ

今回はPHPが一体どんな言語なのか学ぶメリット、PHPエンジニアの将来性までを紹介しました。世界のWebサイトの80%以上のシェアを誇り、信頼できる言語であることから、phpエンジニアの需要はほぼ安定した水準で遷移すると考えられます。PHPは学習しやすい言語でありますが、これから世界を舞台に活躍するエンジニアを目指していきたいと考える人には、英語も一緒に学べるIT留学はもってこいかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

資料請求/留学相談はこちら!