インドIT留学の運営メンバーも、プログラミングの授業を受講しています!!


こんにちは!インターン生の高田です。

インドIT留学では、弊社CEOの中ノ瀬を始め4名のメンバーを中心に運営しておりますが、その全員が通常業務に加えて、お客様にご紹介しているITスクールでのプログラミング授業を受講しています。

もともとプログラミング学習に興味があったメンバーや、事業を運営する中でプログラミングに興味を持ち、受講するに至ったなど経緯は様々ですが、それぞれが習得したいと思う分野の授業を受けています。

 今日は、メンバーが受けている授業の内容を紹介したいと思います!

弊社メンバーが受けているプログラミングの授業内容とは!!

まず紹介するのは、弊社CEOの中ノ瀬が受けている 【アンドロイドアプリ開発コース】!!

日本では、スマホのOSはAndroidとiOSのユーザー数は拮抗していますが、世界に目を向けてみると圧倒的にAndroidユーザーの数が多いのです。

日本だけでなく、世界に向けたアプリを開発するなら、まずAndroid版を作るのがベストですね!

さらに、AndroidアプリのプログラムはJavaというプログラミング言語によって構成されています。(Javaについては過去の記事をご参照ください!)

この言語はAndroidアプリ開発だけでなく、web系のプログラム構築にも使用できるので、汎用性が非常に高いと言えます。

IT企業の求人においても、Javaプログラマへの求人数が1番多いので、「具体的な目標は決まっていないけど、将来のためにプログラミングを習得しておきたい!」という方にもおすすめできるコースです。

 授業 中ノ瀬さん1-1

 


次に紹介するのは、私、高田とインターン生の大山が受けている【webサイト開発コース】!!

通常私たちがブラウザを通して見ているwebページは、クライアント側とサーバ側の2つで構成されています。このコースでは、クライアント側とサーバ側の両面を学習し、本格的なwebサイトが構築できるようになることを目標に授業が進みます。

こちらでは、webページのコンテンツを決めるHTML,コンテンツをデザインするCSS,サーバ側のプログラムを指示するPHPなどの言語を学習します。

具体的にどんな言語なのか、知りたい方は「右クリック→ページのソースを表示」をクリックしてみてください。HTMLファイルのソースコードが表示されると思います。

初心者であれば最初は戸惑うかもしれませんが、このコースを受講すればHTMLというマークアップ言語によってどのような構造になっているかが分かるようになります。

PHPを学習すればECサイトも作成できるようになるので、起業を考えている方にもおすすめのコースです。

授業 PHP2-1

 


最後は先月からジョインした宇賀田が現在受講している【プログラミング基礎コース】!!

 こちらは現在使われている多くのプログラミング言語の原点とも言われるC言語の基礎をメインに、プログラミングとは何なのかを学習します。

多くの生徒の方が、プログラミング基礎を学んだ後に、web開発コースやアンドロイドアプリ開発コースなどを受講されます。どの分野の言語を受講しようかはっきりと決めていない場合は、まずプログラミング基礎コースを受講し、「プログラミングとは何なのか」「プログラミングを使って自分がやりたいことは何のか」を知るのはおススメですね!

 授業 C1-1


事業を運営しているメンバー自身が「授業を受けたい」と感じるインドIT留学の授業。

授業の質がとても高いからこそ、運営メンバーの私たちも受講したいと感じるのです。

また、超少人数制の授業なので、分からない所があれば個別に質問もしやすく、分からないまま進んでいくということがないというのも日本人にとってはありがたい点です。

なぜプログラミングを学ぶのか、目標設定さえはっきりしておけば、その目標に向かって一直線に向かうことができます。

教養となっていくプログラミング

Apple-CEO-Steve-Jobs-intr-007

少し話はそれますが、去る10月5日は、Apple創業者のスティーブ・ジョブズの3回忌でした。

ジョブズは生前のインタビューで、プログラミング学習についてこんな発言をしています。

“大事なのは思考プロセスを知り考える方法を知ることさ。 米国人は全員プログラミングを学ぶべきだ。  コンピューター科学は私にすれば一般教養さ。 人生の中の1年をかけて皆が学ぶべきだと思うんだ、プログラミングの方法をね。”

プログラミングの重要性が高まってきている今日、徹底的に学習する期間が1年ほどあっても良いのではないでしょうか?

学習にフルコミットできるIT留学は、本当におススメです!プログラミングスキルと英語力を身に付けて、IT企業に就職するも良し、フリーで働くのも良し、起業するも良し、、、1年間で、選択肢が一気に広がります。