見ているだけで感動する!レスポンシブwebデザインサイト


レスポンシブ

レスポンシブwebデザインとは?

こんにちは!インターン生の高田です。

インターネットに接続できるデバイスとして、PC、スマホ、タブレットなどが現在は主流ですね。これらのデバイスを通して、webサイトを見ることができますが、それぞれ画面の大きさが異なっているので、PCでは小さく表示されているものもスマホでは大きく表示されたりと、単一デザインでは見にくいこともあります。

こんな問題を解決するのがレスポンシブwebデザインという仕組みです。1つのHTMLファイルで、PC、スマホ、タブレットの画面サイズに合わせたデザインが表示されます。同じサイトにアクセスしても、スマホだと横のタグが見えなかったり、タブレットも微妙に見え方が変わったりという仕組みは、レスポンシブデザインによるものです。

レスポンシブwebデザインのメリットは、どんなデバイスからでもユーザーが見やすい、美しいと感じることです。ユーザー目線で考えるととても重要ですね。

また、管理者目線から考えると、HTMLファイルは1つだけなので修正や管理がしやすいのもメリットに挙げられます。 今日のブログでは、PCからでもスマホからでもタブレットからでも綺麗に見れるレスポンシブwebデザインのサイトを集めました。

厳選レスポンシブデザインwebサイト

NHKスタジオパーク

 
 Call to Beauty
FANCL ファンケル FANCL ファンケル

 
 Adobe HTML5 特設サイト

リンク先をクリックして、画面の横幅を変えて見てみてください!

手間はかかけど、需要は高まっているレスポンシブwebサイト

webサイトを制作する時には、レスポンシブデザインについては是非知っておきたいですね。企業サイトでも、予算が豊富であればレスポンシブデザインにしているようですが、足りない場合はパソコンサイズでの表示がメインの様です。

また、コンテンツが豊富なwebサイトの場合は、レスポンシブデザインが向いていない、ということもあります。画面の幅が変わっても、同じコンテンツが提供できるというのがレスポンシブデザインを設計する上での第一条件となります。

スマホでもかっこよくwebサイトが見れるレスポンシブデザイン。少し面倒ですが、webサイトの構築の知識を応用すれば自分で作成することも可能です。どんなデバイスからもかっこ良く見れるwebサイトを、自分の手で制作出来るようになるのは魅力的ですね!デバイスの多様化で、webデザイナーの需要も継続して増えていきそうです!