所属 社会人3年目
留学内容 英語2ヶ月/ITエンジニア留学2ヶ月

会社を辞めてインドITエンジニア留学を決めたわけ

会社を辞めた理由

会社を辞めた理由は、一生この会社で働くなんて無理だなと思ったからです。私は新卒でIT系(Sier業界)の会社に就職し、インフラ系のエンジニアとして2年間勤めました。私が働いていた部署は上司も厳しく大変な部署で、毎日終電に走って乗り込み、また朝早くに出社するという毎日を過ごしていました。給料を使う暇もなかったですね。そんな状態で働き続け、精神的にも体力的にもきつく、病気になりそうでした。休職し、引きこもってる時期もありました。

スキルがなにもない自分への将来の不安

どれだけ働いていても、自分で何か大したスキルが身に付くわけでもありません。インフラ担当のエンジニアをしておりましたが、自分でなにかサービスを作るスキルもなかったです。ただ会社を辞めて転職しても、自分自身の本質は何も変わらないと思い、転職する前に何かスキルを身につけることを決めました。

Ryo with friends in desert

同世代の友人や先輩の影響

休職中の期間、大学時代の友人や先輩に相談することがありました。その友人はSier業界からWeb業界に転職していて、今いる業界の働きやすさや、楽しさを語ってくれました。同じIT業界でも働き方が大きく異なります。そんなWeb業界への憧れや、自分でなにかWebサービスを作れるようになりたいと思い、Web系のプログラミング言語を学ぶことを決めました。

イタリアで料理人を目指している大学時代の先輩の影響も受けました。私も小さいころから、海外で働きたいとか英語を話したいという夢がありました。イタリアで夢に向かって頑張っている先輩の姿は留学することを迷っていた私の背中を押してくれました。

インドを選んだ理由

IT留学先として、カナダ、フィリピン、インドが選択肢にありましたが、カナダやフィリピンは日本人がたくさん行っています。どうせ行くなら、他人があまり行かなそうなインドで留学してみたいなと思いました。

インドはITの分野でも非常に熱い国であり、前職の頃、インド人と働いた経験もインド留学を考えるきっかけでした。インド人の人懐っこく、フレンドリーな性格は私のコミュニケーション嫌いを克服するためにもいい環境であるのではないかとも思いました。

インドITエンジニア留学での学び

ryo alone

英語環境でコミュニケーション嫌いを克服

日本にいたとき、私は周りに気を使うことばかり考えていて、自分を抑えることがよくありました。コミュニケーション嫌いを直そうと思い、インドに来たことは正解でした。英語の環境であることが何よりも良かったと思います。

インド人の先生たちはとてもフレンドリーでしたし、他の生徒達が文法を多少間違えていながらも言葉を伝えようとしている姿を見て、自分も恥ずかしさを捨てて自分の気持ちを伝えるようになりました。スピーキングが苦手でしたが、少し文法が間違っていても伝わります。伝わらなかったら、体を使って何度もトライすることや、自分も人の話を理解するように聞く努力をすることはインドの英語環境で身に付きました。

23時までコードを書く毎日

2か月間という短い期間ではありましたが、自分では何も作れない自分から、1人でサービスを完成できるレベルにまでなりました。毎日朝から夜23時近くまでコードを書き続け、授業や授業の復習以外にもオンライン学習を行いました。プロゲートではスコア300になりました。笑

授業のカリキュラムとは別で、SNSを作りました。画像や位置情報を含めた投稿、ログイン機能、アカウント作成時の確認メール機能、パスワード再設定機能、いいね、フォロワー間のチャット機能などを実装しました。今後は本番環境へのデプロイを行うつもりです。

インドから学んだこと

4か月の留学期間で、インド内のいろんな場所へ観光に行きました。砂漠があるジャイサルメールやヨガの聖地リシュケシュ、ヒンドゥー教の聖地バラナシ、世界遺産タージマハル、に行ったり、デリー観光をしたりしました。行く先々の観光地で出会うインド人はフレンドリーで、コミュニケーション嫌いなんか関係ありませんでした。

日本では考えられないような、大気汚染を目の当たりにすることもありました。ディワリというインド最大級の祭りのあとは10m先が見えない程でしたが、それも楽しめました。私が住んでいるグルガオンはかなり発展している地域ですが、停電もよく起こります。そういったトラブルも日本ではない楽しみ方でした。インドに住んだら、どこの国でも住めるだろうなという自信がつきました。笑

最後に

ryo with friends

インドITエンジニア留学卒業後の進路は?

海外での転職を1番に考えており、まだ次の転職先は決まっていませんが、企業との面談を進めている段階です。インド人のIT講師から聞いた、インド人の働き方は日本とは全く違っており、東南アジアなど他の国の働き方にも非常に興味があります。いろいろな国で働きながら、生活していくのが私の理想です。

なんのスキルもなかった前職時代から変わって、職選びの選択肢が広がりました。現在は自信をもって転職活動を行えています。自分が納得のいく転職先を見つけようと思います。

会社を辞めてインド留学することを迷ってる方にアドバイスをお願いします

会社を辞めることの不安は大きいと思います。でも、インドITエンジニア留学で得られるものはそんな不安よりもずっと大きいですよ。会社で消耗しているあなた、インドに来て視野を広げてみてください。インドITエンジニア留学は短期間で、一生記憶に残る貴重で価値ある経験になることを保証します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

資料請求/留学相談はこちら!